新着記事

不祥事続きの警視庁宇戸橋警察署に、“検挙率100%の伝説の刑事”という触れ込みで異動してきた押井敬史(風間俊介)。しかし、実際の押井は、出世知らず、彼女おらずのとことん残念な刑事だった。そんな押井が向かった先は、日本有数の音楽レーベルの会長宅で、社長を継いだ三男・佑三が焼死体として発見された現場。事故として処理されかけていたが、押井は現場の状況から殺人事件だと判断する。そして、並外れた推理力を発揮した押井は、次々と証拠を見つけ犯人を追い込んでいくが…。

もっと見る

この4月に社会人デビューした若者たちには悲しいお知らせですが、この社会では「定時で帰ること」に非常に批判的な空気があったりします(もちろんそうではない健全な職場もありますよ!)。いわゆる“ゆとり世代”の私は、みんな残っているから残ろう、というような同調圧力が苦手です。「自分のやること終わっていたらよくない?」と思ってしまいます。「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)のキャラクターだと、極端ではありますが“すぐに「辞めたい」という新人”来栖泰斗(泉澤祐希)に共感できる部分がいくつかあったりしました(休日は電話出たくないとか…(笑))。

もっと見る

平成最後となるTVガイド5/3号の表紙に登場いただいたのは、4/23にデビュー5周年を迎え、4/24に12thシングル「アメノチハレ」をリリースするジャニーズWEST。この記念すべき号は、地区別3パターンの表紙&ピンナップ、1人1000字のインタビュー&3000字超えの座談会という大ボリュームでお届けします。

もっと見る

小太郎(知念侑李)が出した企画が社内コンペに採用され、先輩社員の金子(柿澤勇人)と企画を進める事に。金子は小太郎の仕事が順調に進む事に嫉妬し、小太郎の邪魔をする。

もっと見る

わたし、定時で帰ります。

特集

新人・来栖(泉澤祐希)が、取引先企業のCM撮影現場で勝手に撮った動画がネットに流出。連絡が取れない来栖に代わり、結衣(吉高由里子)や種田(向井理)らは対応に追われる。その後、種田達に問い詰められた来栖はあっさり「仕事を辞める」と言い、会社を出ていってしまう。翌日、出勤しない来栖を心配する結衣の元に、「来栖という社員はいるか」と電話が入り…。

もっと見る

風間俊介が、5月5日スタートのNHK BSプレミアム「おしい刑事」(日曜午後10:00)の第1話試写会に参加した。“おしい刑事”抜てきに風間は「『惜しい人を風間くんにやってもらいたい。適任だと思う』と言われた時に『あ、僕惜しいんだ』と。でも『あなたはパーフェクトな人間です』と言われるよりうれしく感じた」と二つ返事で快諾したことを明かした。

もっと見る

日本テレビ系で4月29日~5月5日まで行われるキャンペーン「ゴールデンまなびウィーク~ワクワク体験連発の1週間~」で、4月30日放送「ザ!世界仰天ニュース生放送4時間SP」(午後7:00)のMC・笑福亭鶴瓶&中居正広と、5月1日放送「笑ってコラえて!4時間SP」(午後7:00)のMC・所ジョージが、改元をまたいでそれぞれの番組に出演する大型コラボを行う。

もっと見る

4月23日放送のフジテレビ系連続ドラマ「パーフェクトワールド」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)第2話では、車椅子バスケを始めることにした鮎川樹(松坂桃李)の姿を目の当たりにした川奈つぐみ(山本美月)が、樹への思いをさらに募らせる。そんなつぐみを演じる山本が役柄への思いを語った。

もっと見る

デビュー5周年を迎えてますます勢いづくジャニーズWESTが、平成最後の号となる「TVガイド5月3日号」(4月24日発売)に登場。新曲のタイトルにちなんだ「アメノチハレver.」のほか、「デビュー5周年ver.」と「ありがとう平成ver.」の全3パターンの表紙を飾った。インタビューでは、7人がそれぞれ平成で印象的だったことや新時代の目標を発表。中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕の4人が「平成といえばやっぱりHey!Say!JUMP」と語り、結成当時、平成生まれを集めたグループに衝撃を受けたという。

もっと見る

NHK BSプレミアムでは5月5日から、風間俊介さん主演の「プレミアムドラマ おしい刑事」(全4話)の放送が始まります。風間さん演じる押井敬史は並外れた推理力で華麗に犯人を追い詰めるも、最後の最後で手柄を同僚に横取りされるという“惜しい刑事”…。とことん残念な活躍(?)を描く、1話完結型のコメディーミステリードラマです。

もっと見る

A.B.C-Zの戸塚祥太が主演する舞台「BACKBEAT」の制作発表が行われ、戸塚のほか、加藤和樹、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、JUON(FUZZY CONTROL)、上口耕平らが出席した。本作はThe Beatles(ビートルズ)の“5人目”のメンバーで、21歳の若さで亡くなったスチュアート・サトクリフと、彼をビートルズに誘ったジョン・レノンの友情を軸に、ビートルズ創成期を描く青春物語。制作発表の会場はライブハウスである新宿LOFTで、ビートルズを演じる5人(戸塚、加藤、辰巳、JUON、上口)による生演奏から始まるという豪華な幕開けとなった。

もっと見る

PAGE TOP