新着記事

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」のロケ取材会が行われ、主人公の日本初のオリンピック選手・金栗四三役の中村勘九郎らが出席した。猛暑の中、近現代の建物が再現されたオープンセットで連日撮影に臨んでいる勘九郎は、「暑さにも負けない魂を持って、テーマパークに足を踏み入れたようなセットで、毎日撮影ができていることが幸せです。ドラマをご覧になった方々が『こんな大河は見たことがない』と口々におっしゃってくれるような最高の作品になっていると思うので、ぜひ期待して待っていてほしい」とアピールした。

もっと見る

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や映画「トイレのピエタ」、「無限の住人」など、数多くの映像作品に出演し、昨年は、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した女優・杉咲花が、1st写真集を発売する。撮影は、二十歳の誕生日を迎えた’17年10月にイタリアで行われ、ローマ、フィレンツェ、ナポリという3都市をめぐる等身大の旅をドキュメント撮影。「月刊二階堂ふみ」(朝日新聞出版)、「赤い河」(TISSUE PAPERS)などの写真集で知られ、数々のアーティスト・俳優のポートレートを撮影してきた写真家・熊谷直子氏が撮影を担当。私服やノーメイクはもちろん、滞在したホテルの部屋などで限りなくプライベートに近い姿が収められており、二十歳という節目を迎え、大人の女性へと成長を続ける女優・杉咲花の普段見ることのできない写真が収録されている。

もっと見る

宮藤官九郎が脚本を担当する2019年放送の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」の新たな出演者が発表され、主人公の一人・金栗四三(中村勘九郎)の妻となる、春野スヤ役を綾瀬はるか、金栗の恩師で講道館柔道の創始者でもある嘉納治五郎役を役所広司が演じることが決まった。

もっと見る

PAGE TOP