新着記事

NHK BSプレミアムでは、2020年4月11日(午後9:00)に、スーパープレミアム「柳生一族の陰謀」を放送。吉田鋼太郎が柳生宗矩(むねのり)役で主演することになった。同作は、野上龍雄氏、松田寛夫氏、深作欣二氏が脚本を手がけた名作映画「柳生一族の陰謀」が原案。今作では、吉田のほか、溝端淳平、岡山天音、飯豊まりえ、森田望智、山田純大、波岡一喜、荒井敦史、佐野岳、高橋克実、美村里江、榎木孝明、宅麻伸、斉藤由貴ら、多彩なキャストが脇を固め、「やじ×きた 元祖東海道中膝栗毛」(BSテレ東)や「水戸黄門」(BS-TBS)を担当した西片友樹氏が演出を務める。

もっと見る

関西テレビで放送中の「なにわからAぇ! 風吹かせます!~なにわイケメン学園×Aぇ! 男塾~」(月曜深夜0:55、関西ローカル)の12月2日放送回では、なにわ男子担当の「なにわイケメン学園」をおくる。今回は、西畑大吾、道枝駿佑、大橋和也の3人が“キラキライリュージョン男子”を目指して、女子をとりこにする本格的なマジックに挑戦する。

もっと見る

倉本聰氏がすべての脚本を担当し、今年4月から昼の帯ドラマとして放送してきたテレビ朝日系の「やすらぎの刻~道」(月~金曜午後0:30)でヒロイン・根来しのを演じてきた清野菜名がクランクアップを迎え、記念の品や感謝状が授与されたほか、今年10月に逝去した八千草薫さんの形見を贈られるというサプライズを受け、感激の涙を浮かべた。

もっと見る

吉高由里子が日本テレビ系で2020年1月8日にスタートする連続ドラマ「知らなくていいコト」(水曜午後10:00)に主演することが分かった。世の真実を暴く立場でありながら自分の真実に人生を狂わされる週刊誌記者・真壁ケイトを演じる吉高は「今回初めて記者の役を演じます。これまで取材される側だったのが取材する側に立つので、最近はよくニュースを見るようになったり、ニュースを受け取る側の気持ちを考えたりするようになりました」と記者を演じる中での変化を告白している。

もっと見る

テレビ東京系では、2020年4月クールのドラマ24枠で、実写化不可能といわれた大人気ギャグ漫画シリーズ「浦安鉄筋家族」(金曜深夜0:12、開始日未定)を放送することが分かった。ドラマ版の主役・大沢木大鉄を佐藤二朗が演じ、「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)シリーズの瑠東東一郎監督、脚本に上田誠氏(ヨーロッパ企画)という超強力な三銃士で初ドラマ化する。

もっと見る

映像コンテンツメーカーや映像機器メーカーが加盟する次世代デジタルエンターテイメントの普及団体「デジタル・エンターテインメント・グループ・ジャパン」(以下、DEGジャパン)は、2019年に発売されたブルーレイソフトの中で最も優れた作品を表彰する、第12回「日本ブルーレイ大賞」のアンバサダーに女優の堀田真由が就任したことを発表した。

もっと見る

12月3日放送のMBS「ごぶごぶ」(火曜午後11:56、関西ローカル)に、番宣抜きでのバラエティー出演は初という、数々のドラマで名演技を見せてきた超大物俳優が登場。浜田もオープニングで、「よう出てきたなあ! こんなん出てくる訳ないもん!」と仰天する。さらに本人が“あのモノマネ”を解禁し「来いよ、ほら来いよ」は言っていないという真相を語る。

もっと見る

NHK総合では、「第70回NHK紅白歌合戦」に初出場が決定したOfficial髭男dismに密着した音楽特集「髭男“ヒゲダン”ふるさとへ」を12月21日(午前10:55/中国地方は20日午後10:50)に再放送する。この番組は彼らの地元である中国地方のNHK広島が制作。今年4月の中国地方での放送が反響を呼び、全国放送もされた番組だ。

もっと見る

12月15日放送のTBS系「世界遺産」(日曜午後6:00)では、今年、新しく世界遺産に登録された、大阪府にある「百舌鳥・古市古墳群」を特集。2017年10月から番組のナレーションを担当する女優・杏が、誰がなぜ、何のために巨大な古墳をたくさん作ったのか、日本古代史のナゾに迫る。

もっと見る

やすらぎの刻~道

特集

秀次(藤竜也)は中里(加藤久雅)らとの再勝負に向け、体を鍛える。先の勝負で秀次の惨敗を目にした栄(石坂浩二)はその心情をおもんぱかる。再勝負は秀次ら入居者3人と中里らスタッフ3人のチーム戦で行うことに。真野(ミッキー・カーチス)は勝敗を賭け事にし、興味津々の入居者に“馬券”を売る。そんな中、栄は名倉(名高達男)の口から衝撃的なことを聞かされる。

もっと見る

“クラスター16”から無差別殺人の予告が届いた。真弓(加藤侑紀)の不倫相手・坂口(瀧川鯉斗)を犯人だと筋読みした十一係は、実行現場と思われる場所を特定。塔子(木村文乃)と鷹野(青木崇高)は坂口を犯人とすることに違和感を覚えながらも、危険物の捜索を優先させる。そして、爆発物の処理直後、服毒死している坂口を発見。遺書らしきものもあり、自殺とされるが…。

もっと見る

五郎(松重豊)は、商談の相手・内田(きたろう)が待つ東京・豪徳寺へ。依頼された書斎デスクのカタログを渡すと、内田は「ものすごいやり手と聞いている」などと五郎をあおり出す。面倒な内田との商談を終え、疲れた五郎は、早めの夕飯を食べて帰ることにする。商店街を歩いていると「お食事処」ののぼりを発見。魚や洋食メニューが書かれた黒板が気になる。

もっと見る

俺の話は長い

特集

高校進学をやめてラジオパーソナリティーを目指すと言い出した春海(清原果耶)に、満(生田斗真)は「リスナーの高校生の悩みに答えられなくなる」と独自の理論を展開。しかし、春海は最終学歴なんてみんな気にしていないと反発する。そこで、満は実践形式で適性を確かめようと「6年間仕事が見つからずに困っている」と自身の悩みを相談し、答えることができたら全力で味方になると約束する。

もっと見る

教えられていたパスワードの記憶が甦り、薫(広末涼子)のUSBに入っていた捜査情報の解読に成功した清春(賀来賢人)は、深水(笹野高史)とニッポンノワールとの接点を探り出す。一方で、清春は父と子の時間を取り戻すかのように、克喜(田野井健)との時間を過ごしていた。そんな中、深水とのやりとりを通して、清春は薫殺害の犯人について衝撃的な事実を知らされる。

もっと見る

古いマンションの玄関口で住民の橋爪(宇崎竜童)が頭を打って死亡しているのが見つかる。住民の中に知人がいたことから、真奈子(松雪泰子)は事故調査委員としてでなく個人的に調査を開始。マンションでは以前から、転倒の多発やエレベーターの閉じ込めなどの不吉な事故が立て続けに起き、呪いだと噂する人もいた。真奈子は、橋爪が残した謎の数字を調べ始める。

もっと見る

4分間のマリーゴールド

特集

みこと(福士蒼汰)は理津(麻生祐未)との対話以降、傷病者の“運命”を見ずに処置をするようになる。廉(桐谷健太)や藍(横浜流星)も前向きで、花巻家は少しずついい方向に進んでいた。そんな折、みこと達は救急要請を受け、沙羅(菜々緒)の同級生・滝沢が勤める小学校へ出動。先日、救命講習で会ったばかりの滝沢は、児童・直哉(川口和空)をかばって頭部をぶつけていて…。

もっと見る

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP