伊藤淳史×寺尾聰のコンビが再び事件に挑む!「白日の鴉」第2弾

ニュース
白日の鴉2
キーワード

 テレビ朝日系では5月10日に、スペシャルドラマ「白日の鴉2」(午後9:00)を放送。2018年1月のスペシャルドラマで大好評を博した伊藤淳史と寺尾聰のコンビが、第2弾でオレオレ詐欺と殺人事件の深い闇に挑む。

 本作は、15年に発表された福澤徹三氏による異色警察小説のドラマ化。前作では、熱血交番巡査の新田真人(伊藤)と、ゴミジンこと弁護士の五味陣介(寺尾)が、起訴されれば99.9%有罪となる痴漢の罪を着せられた製薬会社のサラリーマンの冤罪(えんざい)を0.1%の可能性に懸けて晴らし、冤罪の裏に隠された大病院院長の犯罪を白日の下にさらして、水と油のようにも見える2人のタッグの勝利で幕を閉じた前作だったが、再びある事件に遭遇。やがてその深い闇に挑むことになる。

白日の鴉2

 伊藤は「もう一度同じ役をやれるというのは、なかなか自分がやりたいと思ってもやれるものではありませんので、それはもう純粋にうれしい」と喜び、さらに寺尾との再共演に「(寺尾さんは)いつもすごく穏やかで優しくて。前作の現場の中盤ぐらいからその優しさに甘えさせてもらっていたんですけれど、今作では初日から寺尾さんにすべて甘えて楽しくやらせていただきました。なのでパート2では前作以上にこの2人のコンビ感が、より深いところまでお見せできるんじゃないかなと思っています」と確かな手応えを感じている様子。

 一方の寺尾は、そんな伊藤について「役を面白おかしく演じる人もいますが、伊藤くんの場合、真っ正面に役を受け止めて、真面目な警官としてすごく正直に演じています。それがとてもいいんです。だから、またやろうぜと思えるんです。再びのタッグの今作に期待が膨らみます!」と熱く語り、「今作ではオレオレ詐欺の受け子の子が出てきますが、その受け子をどう扱ったらいいか、演じている僕らがもう少しちゃんと伝えなきゃいけない、そう考えながら作っています。テレビのニュースでもオレオレ詐欺事件はたくさん報じられていますが、特に受け子のポジションは罪の意識が少ない場合が多い気がします。だからといって罪の意識のないドラマを作っちゃいけないと思います。そういったことを考えながら僕らは、その流れの中で飛んだり跳ねたり、色々やっています」意気込みとともに見どころを明かした。

 今回は、現在も被害者が後を絶たない「振り込め詐欺」事件から幕を開ける。1人暮らしの老人を狙った「オレオレ詐欺」が発生。バイト感覚で罪の意識なく受け子となった学生を逮捕するが、末端の受け子は捕まっても、その上にいるはずの黒幕にはたどり着けないのが今の捜査の現実。それでも正義感の強い新田は、振り込め詐欺の黒幕を野放しにしておくことが許せず、五味と共にひそかに追い始めるが、やがて受け子が別の殺人事件の容疑者となる。その裏に隠された陰謀とは!? 新田と五味は黒幕にたどり着くことができるのか!?  事件は二転三転しながら、予想もつかない結末へ向かっていく。

白日の鴉2
白日の鴉2

 そんな2人を取り巻く登場人物もそれぞれが味わい深く、物語に奥行きを与え物語に引き込む、要潤、福田沙紀、佐藤寛太、森口瑤子、堀田茜、斉藤暁ら、個性豊かな俳優たちの熱演も見逃せない。





キーワード

関連記事
PAGE TOP