鈴井貴之がNHKで「イメージ脱却」!?ご当地アイドル・多田萌加と新番組MCに

ニュース
北海道道
キーワード

 NHK北海道の2020年度放送番組記者発表が、3月23日にNHK札幌放送局で行われ、4月3日にスタートする新番組「北海道道(ほっかいどうどう)」(金曜午後7:30、北海道ローカル)のMCを務める鈴井貴之、北海道のアイドルグループ・SNOW CRYSTALのリーダーである多田萌加が出席した。鈴井は「明るい気持ちになる番組を目指したい」、19歳の多田は「同世代の人に北海道の魅力や今起きていることを分かりやすく伝えたい」と意気込みを語った。

 同番組は、今年まで27年続いた「北海道クローズアップ」と33年続いた「北海道中ひざくりげ」をリニューアルし、NHK北海道の金曜夜としては27年ぶりの新番組となる25分間の生放送番組。タイトル最後の「道」とは、“究めるべき道”という意味で、緊急報道から時事、調査報道、自然、人ものドキュメンタリー、旅、ドラマ、バラエティーなど、さまざまな切り口から北海道を見つめることで、“北海道の「道」を究める”という思いが込められている。キーコンセプトは「私たちはまだまだ、本当の北海道を知らない」。

 会見では、鈴井がメインMCのオファーを受けたことについて「最近はメディア媒体に出ることも減り、赤平の森でひっそり暮らしているものですから(笑)、僕でいいのかな、と。秋に新社屋に移転するということで、僕をつかんでおけば大泉洋や安田顕を引っ張れると思ったのか…と勘繰ったりもしました(笑)」とユーモラスに振り返り、「20年前は大泉くんと“バス芸人”と呼ばれていましたが、今や彼は国民的俳優。僕もこの機会にイメージを脱却したいと考えています」と笑いを交えて抱負を明かした。さらに、「『北海道中ひざくりげ』では出演者がリュックサックでロケしていましたが、今回はもう背負うものがなくなったということで、気楽に、気負わずやらせてもらおうかと思っています。どうか末永い目で見てください」とPRした。

北海道道

 一方、サブMCを務める多田は、生放送もレギュラー番組も今回が初めてという大抜てき。「鈴井さんとの初顔合わせはすごく緊張しましたが、気さくに話しかけてくださり、初のレギュラー番組をご一緒できてうれしいです」と笑顔を見せ、「アイドルとは違う一面を出し、マルチなタレントになれるよう頑張りたいです」とアピールした。

 その後、鈴井は記者から取り上げたいテーマについて問われると「逆にあり過ぎて申し上げにくい。北海道に住む道産子の僕自身、行ったことない場所や知らない取り組みはたくさんあります」と回答。また、「キャスターの“道”を究めるつもりは?」という質問に、「それはないですね」と即答し、「逆に、なぜ僕は北海道に根差して活動しているのか。ステップを上がっていかなければという思考ではなく、ぐるっとラウンドして場所を変えてみるといろんな見え方があるよね、という僕の人生設計もこの番組で伝わればと思います」と説明した。

北海道道

 なお、会見では、NHK札幌放送局の新会館が10月12日にオープンすることが明かされ、NHK北海道の若手職員が新プロジェクトを立ち上げたことも発表された。プロジェクトの一つは、視聴者からの声を受け、NHK北海道の記者やディレクターなどが解決策を探る取材リクエスト受付チーム「シラベルカ」で、特設WEBページ(https://www.nhk.or.jp/sapporo/articles/slug-n985d28ceb3c1)を通して投稿を受け付ける。調査結果を「ほっとニュース北海道」(月~金曜午後6:10、北海道ローカル)などで報告する。もう一つは、瀬田宙大アナウンサーが道内各地でクリエーティブな活動をする“ローカルフレンズ”たちと北海道の面白さを再発見するミニ番組「#ローカルフレンズ出会い旅」で、「#道東は世界一な件」が3月29日(午後11:44)にNHK総合(北海道ローカル)で放送予定だ。

 このほか、会見では「おはよう北海道」(月~金曜午前7:45、北海道ローカル)、「おはよう北海道 土曜プラス」(土曜午前7:30、北海道ローカル)のキャスターに赤松俊理アナウンサー、「ひるまえナマら!北海道」(月~金曜午前11:30、北海道ローカル)のキャスターに西條真央、西野愛由、「ほっとニュース北海道」のキャスターに毎熊千遥がそれぞれ新加入したことも発表された。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

新着連載

PAGE TOP