広瀬すずが時代劇初挑戦!「桶狭間 OKEHAZAMA」で海老蔵の妻に

ニュース
特別企画ドラマ「桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~(仮)」
キーワード

 広瀬すずが、フジテレビ系で今夏放送の特別企画ドラマ「桶狭間 OKEHAZAMA~織田信長~」(仮題、日時未定)で時代劇に初挑戦する。

 同ドラマは、市川海老蔵の十三代目市川團十郎襲名を記念した作品で、今川義元の大軍を数的に劣る織田軍が打ち破り、日本史上最大の逆転劇と謳われ、織田信長を一躍戦国時代の主役に押し上げた伝説の一戦“桶狭間の戦い”を題材にする。海老蔵が織田信長、信長の最大の強敵・今川義元を三上博史、信長の実母・土田御前を黒木瞳が演じる。

 広瀬が扮(ふん)するのは、信長の正妻・濃姫。“マムシ”と呼ばれ、周囲に恐れられた美濃の国主・斎藤道三の娘で、隣国・尾張の織田家との政略結婚で信長の元に嫁いだ女性という役どころ。これまでさまざまな濃姫像が数多く映像化されてきたが、今回の濃姫は実母の愛に飢える信長を優しく包み込む女性、そして本当の信長を理解する唯一無二の存在としても描かれる。

 広瀬は「実は“舞台と時代劇はむいていないかもしれない!”と思っていました。『なつぞら』(NHK)を終えた後に、何か新しいこともやってみたいな、と考えていたので、このタイミングでこのお話がいただけてよかったです」と意気込み十分。

 初共演の海老蔵が演じる信長については「海老蔵さんが演じられる信長は、“きっとこういう人だったんだろうなあ”と思わせるようなたたずまいです。つい目で追ってしまうような存在感も、たぶん共通しているところだと感じました。“絶対、目をそらさないぞ”という気持ちで演じました」と明かす。

 当の海老蔵は「役の中ではありますが、広瀬さんのような年の離れた方が“自分の妻”という感覚になるのに、少し時間が必要でした。違和感が出るのではないかと思っていたのですが、広瀬さんはしっかりと受け止めてくださり、“ああ、大丈夫なんだ”とすぐに思いました」と信頼を寄せ、手応えを得ている。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

新着連載

PAGE TOP