Kis-My-Ft2 10年目への飛躍。「なんでもない7人」の歩みとは?

ニュース
キーワード

 2月14日放送のフジテレビ系「連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME」(金曜深夜0:55、関東ローカル)は、昨年のNHK紅白歌合戦に初出場し、台湾で海外での初パフォーマンスを成し遂げたKis-My-Ft2を特集する。

 グループ活動のみならず、俳優としての活躍もめざましい彼ら。昨年12月、連続ドラマでフレンチレストランの若き料理人を演じる玉森裕太に密着した。小道具の野菜の箱を待ち時間もひたすらに抱え続ける玉森は「小道具も自分の芝居のアイテム。小道具から離れたくないという感覚なのかな」と話す。仕事に向き合うこの姿勢の原点にはデビュー前の苦い記憶があった。「後輩が先にデビューしたときは精神的にも結構しんどかった。でも結果、それがバネになって腐らずにできた。さらに火が付いた」と当時を振り返る。

 また北山宏光は主演舞台に挑んでいた。演じたのは、仮想空間で起きる犯罪を取り締まる捜査官という難しい役。共演のベテラン俳優たちの胸を借り、一つ一つのセリフを納得いくまで議論する。グループであることを何よりも大切にする北山は「個人の仕事もグループがないとできないし、最終的にはグループのためにやっている感がある」と話す。「何でもない7人で、どうやったら人気になるかなって考えてCDデビューできて、東京ドームでできるようになって、バラエティーもみんなでやってて。めっちゃやりがいあるじゃん」と7人の歩んだ歴史を語る。

 そして藤ヶ谷太輔は初めてのミュージカルに挑んだ。多くの女性を魅了する男が真実の愛を知る物語で、主人公ドン・ジュアンを演じる。ミュージカル独特の発声を一から学ぶ。さらに、フラメンコもものにしなくてはならない。藤ヶ谷は「全部が難しい、初めてなので」と厳しい稽古を重ねる。迎えた千秋楽のカーテンコール、藤ヶ谷は観客の前で感極まって涙をこぼした。「ジャニーさんはミュージカルが大好きだったから。亡くなってしまったのが稽古期間でどうしようかなと思ったけど、ジャニーさんはよく“Show must go on”と言っていたので、なんとか全公演走り抜くことができた」と語る。

 藤ヶ谷はグループについて「王道のジャニーズで全員が王子様みたいな、そんなグループでもないですし」と話す。デビュー以来バラエティー番組で地道に人気を獲得してきた。横尾渉、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永の4人に至っては「舞祭組」という異色のユニットを組み、知名度を上げてきた。決してアイドルの王道をたどってきたわけではない7人は何を思い、ここまで歩んできたのか? 北山が言う「なんでもない7人」が次に見据える未来の景色はどんなものなのか?





キーワード

関連記事
PAGE TOP