2022年大河「鎌倉殿の13人」脚本・三谷幸喜が主演・小栗旬と「お互いに最高傑作にしよう」と結束!

ニュース
キーワード

 2022年放送のNHK大河ドラマ第61作が、三谷幸喜が脚本を担当する小栗旬主演の「鎌倉殿の13人」に決定し、制作発表会見に三谷が出席した。

 本作は、地方の豪族から源頼朝の第一の側近となり、その後、武士の頂点にまで上り詰めた頼朝の妻となる北条政子の弟・義時(小栗旬)と、鎌倉幕府を支えた武士たちの姿を描くもの。三谷は「二度あることは三度ある、脚本の三谷幸喜です。本日はカルロス・ゴーンの会見に先立つこと6時間、ようこそ、いらっしゃいました」と冒頭からユーモア全開。作品タイトルについて聞かれると「新しい大河ドラマを作りたい。今まで大河でこんなタイトルは絶対なかったというものを試行錯誤して、これに落ち着きました」と話し、ホワイトボードに家系図を書きながら、登場人物と歴史の流れについて熱を込めて説明した。

 「13人の名前は知っている人はほとんどいないと思うので、覚え方をお伝えしたいと思います」と、語呂合わせのような覚え方を解説し、「義時については、今はほとんど知らない人ばかりだと思いますが、ドラマが放送された年の暮れには、日本中の人が13人の名前を知るようになると思います。13人の中で一番若かったのが北条義時。勢力争いで多くの人が死んでいく中、一番若手の義時が鎌倉幕府を引っ張って、最高権力者になる…というところまでを描いていきます。これは、試験に出ますからね(笑)」と講義ながらに解説。

 その後も「ゴッドファーザー」のフランシス・フォード・コッポラ監督も鎌倉時代に影響を受けているはずで、そのぐらい面白いドラマが詰まっている。シェイクスピアもこの時代の影響を受けて「マクベス」を書いたはずだし、もっと言うと、この家族関係は「サザエさん」に似ている。間違いなく長谷川町子さんも影響を受けたはず。サザエさんでいうと、サザエさんとカツオが手を組んでマスオさんが死んだ後に、波平を追い出すというものすごいドラマで…」と名作の名前を数々あげて持論を展開した。

 また、「新撰組!」「真田丸」に続く、3度目の大河の脚本となるが、「正直、僕は大河ドラマファン。子どものころから大好きでかかわることができてラッキーだなって思っている。このところいろんなことがあって、大河ドラマが元気がないと言われているなか、いやいやいやいやそんなことはない。こんなに楽しい、面白い、わくわくするテレビドラマの枠はないと思っている。そんな信念を持っているので、僕でいいのであればなんらかのお力になりたいと思っていたので、話があったときはうれしかったし、これはもう、頑張るしかない」と決意を語り、「大河ドラマは終わるんじゃないかと思ってる人もいるかもしれないけど、全然そんなことはない。これは61本目ですけど、ようやく60本で第1章が終わり、これから61本目で第2章が始まる、その1本目というような気持ちでやらせていただければ。北条家にはダークなイメージがありますし、北条義時もめちゃくちゃダーク。こんなダークな主人公が日曜の8時に居ていいのかというぐらいです。でもそんなダークな男の人生を、明るく楽しく描いていくのが僕の使命だと思っています」と熱い思いを打ち明けた。

 さらに「2本やってみて分かったのは大河の脚本は大変。放送は1年ですが、準備も含めて3年近くこの仕事にかかわるビッグプロジェクトだと思います。でも脚本家である以上、大河ドラマをやりたいと思うし、毎週同じ曜日の同じ時間に、みんなで共有できるものは連続ドラマしかない。その中でも大河は1年続くもので、ほかに1年続くものといえば『渡る世間は鬼ばかり』ぐらいですが、僕が『渡る世間』を書くことは今後もないと思うので、これまでの2本で培ったノウハウを生かして、自分にとって集大成となるような作品にしたいと思います」と意気込みを話した。

 また、視聴率の目標を聞かれると「最低視聴率は更新しないのが目標」と笑いながらも、「正直なことを言うとあんまり数字にはこだわっていない。面白いものを作ることが僕らの使命。どのくらいの人に見てもらえるかは二の次だとは思いますが、大勢の人に見てもらいたいし、もっと言うならば、面白いものを作っても誰にも見ていただけなければ存在しないのも同じ。だとするなら、たくさんの人に見てもらいたい。今、冗談で最低視聴率を更新しないと言いましたが、気持ちとしては最高視聴率を更新したいとさえ思っています」と力を込めた。

 そして質疑応答の最後には、「僕から締めの言葉を。この場を借りてどうしても言いたかったことがあるんですが…」と話し始めた三谷。「これから台本を書き、キャスティングが始まります。僕はキャスティングに思い入れがありまして、俳優さんは全員大好きだし、歴史上の人物も大好きだし。大好きな人たちを一番いい形で、一番いい役でと思っております。これ以上ないというキャストで、小栗くんを含め、皆さんに発表していけるといいなと思っているんですが、ほんとこれ、オファーを受ける俳優さんたちに言いたいんですけど、もし自分が『俺ちょっとやばいかな』『スネに傷持ってるかな』と思ってる人がいたら“ぜひ断って”と本当に切に思っております。なんで引き受けるんだと。ぜひ断ってほしいです」と真剣に訴えた。

 今回出席できなかった主演の小栗とは「お互いに最高傑作にしよう」と電話で話したという三谷。小栗は「1年半にもわたり、一つのテーマ、1本のドラマに出演するという大河ドラマの経験は、生涯一度は体験したい…体験しなければならない…僕にとって俳優としての大きな関門であり、夢であり、挑戦であり、恐れさえ覚える覚悟のいる仕事です」と大河の主演を務める心境を語り、「2年後、40歳という節目の年に放送される大河ドラマをやれることに幸運と興奮と、大きな喜びを感じています。ましてや3度目の大河脚本となる三谷幸喜さんの練熟した筆先が、どんな義時像を描き出すのか…また僕自身、どうすれば皆さんの期待を裏切らない義時を演ずることができるのか…など、今から想像するだけでワクワク胸躍る思いです」とクランクインを心待ちにしている。





キーワード

関連記事
PAGE TOP