寺島進の“駐在さん”に恋の予感? 田中美里が奥多摩のマドンナに!

ニュース
キーワード

 テレビ東京系で、2020年1月24日よりスタートする寺島進主演の金曜8時のドラマ「駐在刑事 Season2」(金曜午後8:00)に、田中美里がレギュラー出演することが分かった。

 同ドラマは、奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれる警察官で、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた江波敦史(寺島)が、時には組織や上司と激しくぶつかり合いながら、ただ犯人を捕まえるだけではなく目の前にいる人々に寄り添い、汗を流しながら奔走する姿を描くヒューマンサスペンスドラマ。前作に引き続き北村有起哉、笛木優子、佐藤寛太、鈴之助、市毛良枝らが続投するほか、新たに徳井優の出演も決定している。新たなレギュラーキャストに決まった田中は、小学生の息子とともに奥多摩・水根に引っ越してくる移動販売パン屋「ラ・メール」の店主・綿谷夏子役として物語に彩りを与える。

 田中は「私が演じる夏子は、少しおっちょこちょいで、基本的には明るくて前向きな人。寺島さん演じる江波さんにほれられる役なので、とにかくチャーミングさが出ればいいなと思って演じています。夏子は、水根に引っ越してきて移動パン屋さんを始めるのですが、すごくおいしそうなパンが、いろんな場面で出てくると思うので、そこも楽しみにしていただきたいと思います」と見どころを明かし、「撮影をする中で、いろんなところから『こんな江波さんの表情見たことないね』という話をちらほら聞くので、そういう意味では前回と違った江波さんの一面が見られるのかなと思いますし、事件と恋愛部分とのメリハリを楽しんでいただけたらなと思います」とアピールした。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP