HTBドラマ「チャンネルはそのまま!」が民放連賞グランプリ。「テレビの可能性がまだある」

ニュース
キーワード

 HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」が、2019年日本民間放送連盟賞テレビ部門でグランプリに輝いたことが、11月6日に発表された。

 第67回民間放送全国大会で記念トロフィーを受け取ったHTBの福屋渉エグゼクティブプロデューサーは「ローカルテレビを舞台にしたドラマがこのような賞をいただくことは、テレビがさまざまな課題を抱える中で、きっと何か意味があって、これからテレビを目指そうとする人が増えてくれればうれしいです」と喜びを語った。

 同ドラマは、HTBが開局50周年を記念して全5話で制作。原作は札幌在住の漫画家・佐々木倫子氏による同名コミックで、北海道のローカルテレビ局を舞台に新人記者・雪丸花子(芳根京子)が同期や上司を巻き込みながら奮闘する日々を描く痛快お仕事コメディーだ。主演の芳根をはじめ、飯島寛騎、鈴井貴之、TEAM NACSやヨーロッパ企画のメンバーなど豪華キャストと北海道の役者たちが共演。さらに、漫画の舞台となったHTB旧社屋をそのまま撮影に使用したことでも話題となった。

 日本民間放送連盟賞は1953年に創設された歴史ある賞。「チャンネルはそのまま!」は、すでにテレビ部門テレビドラマ番組で最優秀賞を受賞したが、このたび、テレビ部門全体のグランプリに輝いた。受賞理由については「テレビをつけて見てみると引き込まれる。インターネットやスマートフォンでコミュニケーションを取る時代に、テレビの可能性がまだある、とても面白くてためになる、というのが審査員10人の総意。放送局の現場をそのまま使ったリアリティーとコメディー、北海道ならではの自然の中でドラマが展開されるローカリティーに農業と食を合わせて構成されたところが全員の評価につながった」と講評された。

 福屋エグゼクティブプロデューサーは「ドラマは開局50周年の企画募集から始まり、漫画家の佐々木先生がわが社をモデルにして作ったヒット漫画を原作にドラマ化した希有な例といえます。ローカル局が連続ドラマを作るのは大変難しいことでしたが、ご縁をいただいた主演の芳根京子さんをはじめとする素晴らしいキャスト、本広克行総監督をはじめとするスタッフと一緒に受賞を祝いたいと思います」とコメントした。

 「チャンネルはそのまま!」はNetflixでグローバル配信されているほか、HTB公式動画配信サービス「北海道onデマンド」(https://hod.htb.co.jp/)でも配信中。また、ドラマ全編とメーキングなど特典映像を収録したBlu-rayディスクが2020年3月18日に発売される。予約は12月25日から受け付けスタート。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月22日号
発売日:2019年11月13日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:Kis-My-Ft2

新着連載

PAGE TOP