山下智久が「THE HEAD」チームとカンヌへ。流ちょうな英語で撮影秘話を披露

ニュース
キーワード

 動画配信サービス・Huluが製作に参加し、日本では2020年春に配信予定の超大型国際連続ドラマ「THE HEAD」(全6話)の監督、出演者らが、10月15日にフランス・カンヌで開催中の国際映像コンテンツ見本市「mipcom」に登場し、トークイベントを行った。日本人として唯一出演する山下智久のほか、キャサリン・オドネリー、アレクサンドル・ウィローム、ローラ・バッハらメインキャストと、ホルヘ・ドラド監督、製作総指揮を務めるラン・テレム氏が登壇し、作品の魅力を語った。

 作品の中で研究員のアキを演じた山下は、国際色豊かな仲間たちとともに自身初の「mipcom」でのトークイベントに登場し、「初めて経験する環境だったので、最初はどのようにコミュニケーションをとろうかと心配していましたが、キャスト、スタッフがとても素晴らしく、サポートしてくれて、2カ月半一緒に過ごし家族みたいになれました」と流ちょうな英語で撮影を振り返った。また、「僕が演じるアキは、頭が良くて、心(しん)が強い人です。この作品は、人の感情のコアな部分を描いているので、共感してもらい楽しんでもらえると思います」と見どころをアピールし、各国から来た来場者の興味をそそっていた。さらに、この役をどのような気持ちで演じたかを聞かれると、「LOVE(愛)です。アキはマギーのことを愛していて、その気持ちが彼を突き動かしています。彼はいつも直感に従っている。ロマンチックすぎるように聞こえるかもしれないけど、本当にそう思うし、真面目に言っています」と答え、会場は温かい空気に包まれた。

 物語は南極の科学研究基地が舞台。暗闇と氷河に覆われる長い冬を迎えるにあたり、研究員たちは、越冬隊の10人を残し基地を去る。しかし、半年にわたる冬のさなかに、突如、基地と外界の交信が断絶する。数週間後に研究員たちが基地に戻ると、そこには目も当てられない惨状が広がっていた。ほとんどの研究員が死亡し、1人は行方不明、生存者は2人となっていた。6カ月の間に何が起こったのか。異なるタイムラインの中でひも解かれていく謎。食い違う証言。この謎を巡り、陸の孤島ともいえる南極の基地で、極限状態に置かれた人間たちが壮絶な心理合戦を繰り広げる。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月22日号
発売日:2019年11月13日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:Kis-My-Ft2

新着連載

PAGE TOP