船越英一郎が「赤ひげ」続編に喜び、時代劇の火を消さないのが「自分の使命」

ニュース
キーワード

 船越英一郎、中村蒼、佐津川愛美が、NHK BSプレミアムで11月1日にスタートするBS時代劇「赤ひげ2」(金曜午後8:00)の第1話試写会に参加した。

 同作は過去に何度も映像化されている傑作小説「赤ひげ診療譚」を、船越主演でドラマ化したシリーズの第2弾。江戸時代の小石川養生所を舞台に、無骨で謎めいた医師・赤ひげこと新出去定(船越)と青年医師・保本登(中村)の交流を描く。船越は「前作が一昨年NHK BSで放送になり、昨年には地上波でも放送していただき、好評をいただきました。そしてシーズン2の撮影が始まりました。それは本当に舞い踊るくらいうれしかったです」と続編制作に喜びもひとしお。

 時代劇ドラマの制作が少ない昨今に「その中で『赤ひげ』は昭和を代表する作家の原作をいただき、日本人の心の原風景をしっかりと描いている作品になっています。時代劇の火を消さずに、皆さんに見ていただけることが自分の使命になっており、もはやライフワークです」と意気込んだ。

 新顔の佐津川は「1話では外から入ってきた者という役柄で、実際の私と同じような感じ。1話の撮影中は『敵が多いな』という気持ちでやっていた」とアウェー感を口にすると、船越から「どういうこと!?」とツッコまれつつ「でもすぐにみんなと仲良くなれて、ファミリー感もあって、あっという間に仲間に入れてもらった。縁があるなと思える作品に出演できたのは、役者人生にとっても人としても豊かな時間になった」と感謝していた。

 また、船越いわくスタッフ・キャストでの飲み会、通称“赤ひげ会”があるそうで、「昨今そういう現場が少ないようで、かつ『飲みに行くぞ!』が下手するとパワハラと言われかねない時代。でもそれはこの現場にはないので、『行くぞ!』と言ったらすぐに全員が来るし、『行くぞ!』と言わないと逆に『まだ言わないんですか!?』と周りから言われるほど」と絆を強調していた。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP