要潤主演で弁護士・御子柴礼司シリーズを連ドラ化! ベッキー&津田寛治と共演

ニュース
キーワード

 フジテレビ系では12月7日に連続ドラマ「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲(ソナタ)~」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)をスタートさせる。

 同作は作家・中山七里氏による弁護士・御子柴礼司シリーズを連ドラ化したもので、かつて凶悪犯罪を犯した元少年Aだったという過去を持つ、どんな依頼人でも必ず勝たせる悪魔の弁護人・御子柴礼司を主人公に、罪の償いとは何かを問うヒューマン法廷ミステリー。多額の報酬を要求するが、請け負った依頼はどんな手を使っても勝訴に導く悪辣(あくらつ)な弁護士で元少年Aの御子柴を要潤。「御子柴法律事務所」の事務員で、強引な手口で依頼人を弁護する御子柴に戸惑いつつも、先入観なく物事を見ているが御子柴の過去を知ってしまう日下部洋子をベッキーが演じる。そして、御子柴のライバルで東京地検のナンバー2である次席検事・岬恭平を津田寛治が演じる。

 要はオファーに「タイトルがすごく面白そうでひかれたこと、加えて弁護士役は一度演じてみたかったので、すぐにやらせていただきたいと思いました」と快諾。「世の中には、喜ぶ人がいたら悲しむ人がいるように、一見、正義に見えても悪だったり、表に見えても裏だったりする部分があるので、その辺はすごく考えさせられるドラマだなと思います」と意義を訴える。

 6年ぶりの連ドラレギュラー出演となるベッキーは「洋子は、すごく真っすぐな心を持っていて、一生懸命で、人の心に寄り添う人です。パッと見や肩書きで人を判断することはありません。そんな理想的な洋子に、お芝居を通じて少しでも近づけたらいいなと思いました」とやる気十分で、「このドラマはシリアスで、ちょっと重めな題材ですが、“本当に信じていいものは何か”をすごく考えさせられるすてきなメッセージが込められているのでぜひ見ていただきたいですし、純粋に面白いです!」とアピールしている。

 また津田は「岬にとって正義が主軸。そして御子柴とはライバルではなく明らかに『自分の方が上だ』というところを見せ、法廷や裁判所では『岬が主役だ』というぐらいの思いでやっていこうかなと思っています」と役作りを明かし、「このドラマは“今までにない法廷もの”です。まさに見どころは法廷シーン。『こんなこと法廷で!?』みたいなことが展開していくと思いますのでぜひお楽しみにしてください!」と話している。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月1日号
発売日:2019年10月23日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:ビートたけし×村上信五

新着連載

PAGE TOP