山田裕貴×志尊淳が“奇跡の遭遇”思い出話に花を咲かす!「原点に帰った感じ」

ニュース
「TVガイドdan vol.26」

 本誌にあるQRコードを通じて撮影中のメイキング動画を見ることができ、誌面のみならず動画でも楽しめることで大好評を博している「TVガイドdan」。本日発売となった最新号「vol.26」は、10月4日公開の映画「HiGH&LOW THE WORST」で共演する山田裕貴×志尊淳が表紙を飾る。

 同じ事務所の先輩・後輩ながら、お芝居での共演は久々だという山田と志尊。2人での表紙撮影も珍しい組み合わせとなったが、以前所属していた俳優集団・D2(現在はD-BOYSと合体)の会報の撮影を思い出すとのことで、「原点に帰った感じ?」と照れながらも息の合ったテンポで撮影を。そのやりとりをきっかけに、「志尊には中心に立つオーラがある」(山田)、「裕貴くんのおかげで自信が持てた」(志尊)と当時の関係性やお互いの印象について、思い出話に花を咲かせた。そんな先輩・後輩関係なく尊敬し合う2人が、「HiGH&LOW」シリーズと人気コミック「クローズ」「WORST」が奇跡のコラボを果たした今作で、ついに肩を並べる。本誌独占で、大きなプロジェクトに挑む彼らの思いに迫る。

 また、大好評連載「山田裕貴の怪人百面相」を今号ももちろん掲載。4回目となる今回は、役者仲間ともよく行くという“卓球”を題材に、山田が選手役を熱演。

「TVガイドdan vol.26」

 さらに、9月27日公開の映画「惡の華」で主演を務める伊藤健太郎が「vol.23」以来、2度目の裏表紙&巻末SPECIALに登場。今年の日本アカデミー賞では新人俳優賞、話題賞・俳優部門の2冠に輝き、同世代の若手俳優では頭一つ抜けた注目の存在である彼が「役との別れが寂しかった」と、のめり込んだ今作。体当たりでやり抜いた役柄について存分に語る。

 そのほか、WOWOWオリジナルドラマ「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(WOWOWプライム)主演の古川雄輝、9月20日公開の劇場アニメ「HELLO WORLD」で同じ名前の役を演じる北村匠海×松坂桃李、ドラマ「盤上の向日葵」(NHK BSプレミアム)で異色の将棋棋士という難役に挑戦している千葉雄大、ドラマ「G線上のあなたと私」(TBS系)で兄弟役を演じる中川大志×鈴木伸之、9月20日公開の映画「初恋ロスタイム」で待望の初主演を務める板垣瑞生、舞台「里見八犬伝」で初共演を果たす佐野勇斗×結木滉星、初主演作品となるYouTube連続ドラマ「主人公」が順次配信中の神尾楓珠、特撮ドラマ「ウルトラマンタイガ」で令和初のウルトラマンとして注目を集める井上祐貴ら、今気になる男子を撮り下ろし。さらに、2020年カレンダーの発売が決定した前山剛久、岐洲匠がそれぞれ先行カットを大公開する。





キーワード

関連リンク
PAGE TOP