工藤阿須加が超ファンキーな刑事役! オファーに「ぼ、僕にですか?」と驚き

ニュース
キーワード

 日本テレビ系で10月13日スタートの連続ドラマ「ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―」(日曜午後10:30)に、主人公の遊佐清春(賀来賢人)の後輩刑事・名越時生役で工藤阿須加が出演することが決まった。名越は「パーティーピーポー!」を合言葉に、本能のまま陽気でぶっ飛びまくる役どころで、工藤は「名越は、感情豊かで本能のまま生きるファンキーな刑事です。この役のお話をいただいた時、『ぼ、僕にですか?』と、とても驚きました」と自身も衝撃を受けたことを明かしている。

 ドラマは、直前数カ月の記憶を失って森の中で目を覚ました捜査一課の刑事・遊佐が、隣で遺体となって横たわっていた上司の女性刑事・碓氷薫(広末涼子)殺害の疑惑をかけられてしまうストーリー。証拠は消され、捜査内容も偽装され、遊佐を含めた刑事全員が容疑者となる中で、やがて事件は未解決の“十億円強奪事件”につながっていく“アンストッパブル”なミステリーが描かれる。

 真面目で好青年のイメージのある工藤にとって、名越は真逆のタイプだが、「プロデューサーと監督から、今までにない刑事ドラマを作りたい。僕らもチャレンジしている。その中でぜひ工藤くんで!と、言っていただきました。この役にチャレンジする機会を与えてくださったことへの感謝の気持ちと、その気持ちに応えるためより一層頑張りたいと思います」と意欲を見せ、「このドラマを見てくださる視聴者の皆さんを良い意味で裏切りたい。僕の今の力でどれだけこの役を生き抜くことができるか、共演者の皆さんとのお芝居でどんな化学反応を起こしていけるのかが今からとても楽しみです」とアピールしている。





キーワード

関連記事
PAGE TOP