西銘駿×塩野瑛久がSNSサスペンスでW主演!! 佐藤流司&和田雅成と「裏アカ男子」に

ニュース
キーワード

 テレビ朝日ほかで10月期にスタートする連続ドラマ「Re:フォロワー」(テレビ朝日=10月5日スタート・土曜深夜2:30、ABCテレビ=10月6日スタート・日曜午後11:35=ABCテレビ制作)の制作発表記者会見が行われ、ダブル主演を務める西銘駿と塩野瑛久、共演の佐藤流司、和田雅成、西田大輔監督が登壇した。

 同ドラマは、「悩みや不満をぶつけると、選ばれた者だけに『言葉』が与えられ解決してくれる」といううわさで圧倒的なフォロワー数を誇り、巨大インフルエンサーとなったSNS「クレシダ」を運営する池永一十三(西銘)、原田優作(塩野)、鯨岡友木(和田)、城江公人(佐藤)が、「裏アカ」を使い、時には苛烈な方法を取りながらも依頼者の悩みを解決していくサスペンス作品。「仮面ライダーゴースト」で主演を務めた西銘、「獣電戦隊キョウリュウジャー」にレギュラー出演した塩野、2.5次元舞台で活躍する和田、佐藤という今最も旬な若手俳優陣が出演する今作は、2020年6月に同キャストで舞台化されることも発表されている。

 オリジナル作品となる今作のコンセプトについて西田監督は、「本作はSNSというもう一人の自分を通してドラマが展開しますが、1話から最終話まで、サスペンスだけでは終わらないものがたくさん散りばめられた作品になっていると思います。映像でしか出せないことをすごく考えて一から作ったので、どこにもない物語を俳優とスタッフみんなで作っているところです」とコメント。

 主演を務める西銘は「すごくプレッシャーや不安はあったんですが、同じ事務所の先輩の塩野くんとのW主演ということで緊張はなくなりました。みんなにすごく助けられているので、自分としてはとても光栄です」と笑顔を見せると、塩野は「西田監督とご一緒するのは初めてなんですが、脚本を読んだ瞬間に一気に引き込まれて、台本を何回も読みました。こんなに面白い台本を読んだのは久しぶりだなというくらい、最高に心が震えて魅了されました」と西田監督が作り出した世界観に早くも魅了されたことを明かした。

 作品の世界観には佐藤や和田も魅了されたようで、佐藤は「今回ドラマの企画書を読ませていただいた時に、ぶっちゃけ、すごく売れるなと思いました(笑)。話自体がホントに面白くて、魅力的な4人のキャラクター像やあらすじを読んだだけでワクワクするような展開になっていて、この役を演じたいと思いました」とニヤリ。和田も「僕たちはいま西田監督の世界にどっぷり漬かってて、この世界に漬かれる幸せを感じています。視聴者の皆さんにも西田さんを心から楽しんで、漬かってほしいなと思います」と太鼓判を押した。

 最後に意気込みを聞かれると、W主演の西銘、塩野はそれぞれ、「今回は、本当にこれまでとは違う!という作品が完成しそうな予感がしています。現場で悩んでいる時間が楽しいと思えるくらい、出来上がった瞬間にとんでもないものができるっていう予感がしているので今から楽しみです! ぜひ見てください」(西銘)、「今回、連ドラでは初主演なんですが、初主演がこのドラマで良かったと感じています。ホントに面白いので、マジで見てください!」(塩野)とメッセージを送っている。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP