平野紫耀の“天才ぶり”を橋本環奈らが暴露! セリフにない「アラタケさん」って誰?

ニュース
キーワード

 9月6日より全国東宝系にて公開される映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の完成披露舞台あいさつが行われ、主演の平野紫耀、共演の橋本環奈、佐野勇斗、池間夏海、浅川梨奈、堀田真由、ゆうたろうらキャストと河合勇人監督が出席した。

 登壇早々、第一印象に関する質問で橋本が平野の“天才的”なところを暴露!「普通はセリフを言い間違えると自分で気付くんですけど、この方は気付かないんです。(共演の私たちが)笑っちゃって、カットがかかった瞬間“何で笑っているの?”みたいな感じで」と橋本が話すと、平野は「あれはびっくりした。僕、セリフをしゃべっているのに、みんなポカーンとしているから。“え? お芝居しないの?”って。でも、後々考えたら僕が悪かったみたいで」と何とも“天才”らしい答えで会場を沸かせた。

 さらに佐野からは「おい、石上(佐野の役名)」と平野演じる白銀に呼び掛けられるセリフを「おい、アラタケ」という、まったく違うスタッフの名前で呼ばれたエピソードが飛び出した。これについては「直前までマイクを直してもらっていたから、『ああ、アラタケさん、ありがとうございます』っていう気持ちのままでスタジオに入って、そのままお芝居したら、アラタケさんが出てきちゃって…」と平野なりの反撃(!?)を。しかし、その後も浅川から「カイロをたくさん貼っていたら、『ヒヤガリなの?』って。冷え性と寒がりが混ざっちゃったのかな」と「平野語録」がたくさん生まれていたことが語られた。

 作品にちなんだ「告りたい派」か「告らせたい(告られたいを含む)派」かについてのトークでは、「告りたいですね~」と平野。「やっぱり自分の中でルールがあって、男として告白は男から行くもんじゃないかなって」と男らしい一面を見せた。そして、ほかのキャストの答えに「それはさ、告られていいの?」「本当はどっちがいいの?」など、ぐいぐい質問し、その答えを聞いては「は~、なるほどね~」と感心。平野を中心にトークが回り出し、司会者から「(司会を)変わりましょうか?」と言われる場面も。

 「キャストの皆さん、スタッフの皆さんが一丸となってみんながキュンキュンできるかにこだわりながら作った作品です」と締めのあいさつを始めた平野だったが、「キュンキュンだったり、感動だったり、笑いという三拍子がそろっているので、“これ”が最近欠けているという方がいらしたら、この劇場に、あ、この劇場じゃなくてもいいですけど、お近くのね、お近くの会場に足を運んでいただけたらと思います」と最後まで会場の笑いを誘っていた。

 物語は、将来を期待されたエリートたちが集う私立秀知院学園。頭脳明晰(めいせき)、全国模試上位常連である生徒会長・白銀御行と、文武両道で美貌の持ち主であり、大財閥の娘である生徒会副会長・四宮かぐやは互いにひかれ合っていた。しかし、高すぎるプライドが邪魔して、告白することができずに半年が経過。素直になれないまま、いつしか自分から告白することが“負け”という呪縛にスライドしてしまった2人は、「いかに相手に告白させるか」だけを考えるようになっていた。天才だから、そして天才であるがゆえに恋愛に不器用でピュアな白銀とかぐらによる、相手に「告らせる」ことだけを追い求めた超高度な恋愛頭脳戦が繰り広げられる。





キーワード

関連記事
PAGE TOP