「ブスの瞳に恋してる」がEXILE NAOTO&富田望生でリニューアル!

ニュース
キーワード

 動画配信サービス・FODでは、9月17日からオリジナル連続ドラマ「ブスの瞳に恋してる2019」(火曜午前0:00)を配信する。

 同作は放送作家・鈴木おさむが妻・大島美幸との“交際ゼロ日での結婚”や、その後の結婚生活をつづったエッセイを原作としたドラマ。2006年にフジテレビ系にてドラマ化され、バラエティー番組の売れっ子構成作家と女優の卵という2人の出会いから結婚までが描かれた。今回は2019年版として、イケメン人気声優・鈴野理と声優を目指すアルバイト・大山美幸が結婚するまでと、さらに波瀾(はらん)万丈となる2人の新婚生活を描く。脚本は原作者でもある鈴木が担当し、原作を基にした新たなラブストーリーとして仕上げる。

 主人公の鈴野理を演じるのは、EXILEのNAOTO。写真集が発売されるほどのイケメンで国民的人気声優という役どころ。ヒロインの大山美幸を演じるのは、ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系)で注目を集めた富田望生。美幸は「焼き肉はコメを食いに来るところ、肉2枚でライス1杯!」というぽっちゃり体型の大食漢であり、理と一緒に仕事をすることを夢見て声優を目指しつつ、ホームセンターでアルバイトをしているという設定だ。

 NAOTOは「前作をリアルタイムで見ていた世代なのでとてもうれしかったです。リニューアルされ前作とはまた違った現代版『ブス恋』が出来上がりました。心に残るシーン、名言がたくさんあります!」とアピール。富田も「言葉や行動、どうすればリアルに伝えられるだろう…と戸惑ってしまうほどの優しさを持つ美幸さんを演じさせていただきました。相手役というカテゴリーにお話をいただいた当初はドキドキしていましたが、 EXILE NAOTOさん演じる理さんと過ごす日々に、相手以上の、もっと大きくすてきな関係があるのだと気付きました。とてもあたたかい物語です」と訴えている。

 また、原作・脚本の鈴木は「今回、『ブスの瞳に恋してる』を新たな形でドラマにしたいとオファーを受けて、だったら自分で脚本を書き、新たな『ブス恋』をドラマとして作りたいと思いました。僕は妻と交際0日で結婚して17年目。今だからこそ、交際0日で結婚することとか、結婚の意味、結婚した後の夫婦と仕事の形とかを描けたらと思いました」と新たな気持ちで取り組んでいる。

 さらに、ドラマを盛り上げる出演者として、理の恋人・アリス役を小宮有紗、美幸の友人・花山結花役を佐藤晴美(E-girls/Flower)、理の所属する事務所の社長・重岡真一役を駿河太郎が務める。





キーワード

関連記事
PAGE TOP