「サイン」第3話、スーパー解剖医・柚木が射殺事件の“真実”を手繰り寄せる

ニュース
キーワード

 遺体から“真実”をあぶり出す法医学者たちと、不都合な“事実”を隠ぺいしようとする巨大権力とのし烈な攻防戦を描く、大森南朋主演のテレビ朝日系連続ドラマ「サイン ―法医学者 柚木貴志の事件―」(木曜午後9:00)。8月1日放送の第3話では、暴力団員の射殺事件が発生し、“権力側の不可解な圧力”によって“真実”が闇へと葬られる事態へと転じていく。

 「日本法医学研究院」院長の伊達明義(仲村トオル)直々の指名で、解剖医・柚木貴志(大森南朋)は、新人の中園景(飯豊まりえ)が担当する司法解剖に立ち会うことに。同じ頃、伊達は副院長の橘祐輔(淵上泰史)に警視庁組織犯罪対策四課から託された射殺体の解剖を依頼する。被害者の暴力団員・千葉雄一(諫早幸作)は歓楽街のスナック店内で、腹部と眉間を撃たれて死亡。被疑者の暴力団員・伊沢明夫(高尾悠希)は逃走中だが、現場にあった薬きょうから凶器はロシア製トカレフで、組員同士の抗争だと推測されるという。橘の解剖はわずか20分で終了し、捜査内容および現場の状況と一致する、との結論を出した。あまりにも短時間すぎる解剖に疑念を抱いた柚木は、解剖所見を見せるよう橘に迫るが、橘はこれを拒絶。被害者の遺体は即座に遺族のもとへ返されてしまう。

 時を同じくして、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)も、千葉の殺害方法や四課の捜査体制に違和感を覚えていた。2人は真相を突き止めるため、裏ルートを駆使した独自捜査を敢行。やがて、明るみになればすべてがひっくり返るような事件の内幕にたどり着く。一方、柚木は千聖の協力により事件現場となったスナック店内に潜入。飛び散った血痕の状況から、“ある矛盾のサイン”を嗅ぎ取る。

 第2話では助手である中園を連れ去った犯人と格闘するなど、解剖室だけにとどまらない活躍を見せてきた柚木が、第3話では射殺された現場に潜入。血痕の位置から何本もの“赤い紐”を操って発砲地点を分析し、隠された真実を手繰り寄せる。





キーワード

関連記事
PAGE TOP