又吉直樹&加藤シゲアキが迫る! 芥川賞作家・川上未映子が最新刊に込めた思い

ニュース
キーワード

 7月6日放送のフジテレビ系「タイプライターズ~物書きの世界~」(午前10:53)では、2008年に「乳と卵」で第138回芥川賞を受賞した川上未映子をゲストに迎える。

 同番組は、かたや芸人、かたやアイドルながら、ともに小説を創作し作家としての顔を持つ又吉直樹と加藤シゲアキの2人が、ゲストに同じく作家を招き、その知られざる素顔や執筆の裏側を探求していく。今回は、川上がやってみたかった、知りたかったという“美の世界”を又吉と加藤が一緒に体験しながら、“作家・川上未映子“の感性、キャラクター、モノの考え方などを紹介する。

 まず、川上が20年近く通い続けるタイ料理店でトークがスタート。川上と加藤は初対面、又吉もじっくり話すのは初めてというが、川上が愛してやまない絶品料理を中村文則、羽田圭介も加わった全員で食べながらのトークに、一気に距離が縮まっていく。「作家・川上未映子をまるハダか!」では、川上のことをよく知るという俳優・高嶋政伸のインタビューも交えながら、川上の知られざる人生を振り返る。作家デビューより前に歌手としてメジャーデビューしていたことや、作家でありながらも映画に出演し「キネマ旬報新人女優賞」を受賞していたことなど、知られざるエピソードが披露される。

 また、花が好きな川上が憧れるフラワースタイリスト・平井かずみ氏を先生として招き、フラワーアレンジメントに挑戦。3人それぞれが選んだ花を見ただけで、平井先生が又吉に「激しさと静寂を感じる」、加藤には「アートな感じがする」、川上には「可憐(かれん)さがある」と指摘する。そして、川上の人間的魅力に触れながら話題は最新刊「夏物語」に。自身の芥川賞受賞作「乳と卵」を再構築したという試み自体も斬新だが、執筆を終えた後にとんでもないことが起こったという。川上がこの小説に込めた思いに2人が迫る。





キーワード

関連記事
PAGE TOP