乃木坂46の“いま”を映し出す! エース卒業後の葛藤と成長を描くドキュメンタリー

ニュース
キーワード

 乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾「Documentary of 乃木坂46 Ⅱ(仮題)」が7月5日に公開される。

 2011年の結成から、着実に実力と人気を蓄積し、今や日本屈指のアイドルグループに成長した乃木坂46。そんな彼女たちにとって、15年に公開されたドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」から4年ぶりに、第2弾となる映画の公開が決定した。

 初となるシングルミリオンセールスや、悲願の日本レコード大賞受賞など、大きな飛躍を果たした17年。翌年の18年には個々のメンバーがさまざまなフィールドで活躍の場を増やす中、史上初の神宮球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時ライブを開催し、さらには日本レコード大賞連覇という偉業を達成した。そして、同年9月、22枚目となるシングルの選抜発表の場で、エース・西野七瀬の口から、自身の卒業が明かされた。4月の生駒里奈に続く、中心メンバーの卒業。いつまでも変わらないと信じる一方で、いつか失ってしまうとわかっていたメンバーたちは、それぞれの思いから戸惑いを抱えていた。西野の卒業公演を経て、令和という新時代を迎えた19年にグループの目指す場所とは? 本作では、多くの貴重映像とメンバーたちの証言で乃木坂46の“いま”を映し出している。

 今や、自らの予想をはるかに超える人気を獲得し、巨大化したアイドルグループの“うねり”の中にいる自分たちは、果たして何者なのか。グループの活動と個人の活動との両立に満身創痍(そうい)になりながらも、卒業の二文字を決して口に出そうとしない者、メンバーと過ごす居心地の良さだけが卒業しない理由だと語る者、そして、過去から逃げるようにグループへ入り、今、再び過去の自分と向き合うことを決心する者。エースの卒業をきっかけに自分探しの旅に出るメンバーたちの心の葛藤と成長を、これまでにない親密な距離感で描いていく。

 監督は、話題のCMやドキュメンタリーを数多く手掛ける岩下力氏が務めている。乃木坂46については、これまでライブの舞台裏を追ったドキュメンタリー映像を制作したものの、個々のメンバーについて多くは知らなかったという。だからこそ、先入観や遠慮や忖度は一切なく、興味の赴くまま、停止線の向こう側へも立ち入り、知りたい質問をメンバーに投げかけている。そうした彼女たちの本音はもちろん、表情や息遣いの変化まで、余すことなくカメラに収められている。

 また、本作の劇場鑑賞券・ムビチケカードは、メンバー生写真の劇場購入特典付きで6月21日から発売となる。





キーワード

関連記事
PAGE TOP