ラグビーW杯まで100日! 応援団長・舘ひろしら各界著名人が激励

ニュース
キーワード

 9月20日開幕の「ラグビーワールドカップ2019日本大会」まであと100日となり、地上波中継する日本テレビのラグビー公式Twitter、ラグビー公式YouTube、番組HPでは、ラグビーワールドカップ応援団長の舘ひろしら各界の著名人が寄せた応援メッセージを日替わりで公開する。舘は「日本代表チームには、勝ちにこだわったラグビーをしてほしいです。勝てば日本のラグビーファンはもっと増えると思いますし、ラグビーの人気も上がると思います。ぜひベスト8目指して頑張ってください」とエールを送っている。

 舘のほか、巨人軍の原辰徳監督、DJ KOO、ブルゾンちえみ、中川家らがメッセージを寄せており、原監督は「全員で相手陣地にトライするために、一つのボールに対して、一人一人が役割を持って戦う。目立たない所でも戦っているというあのスタイル。特に記憶に新しいのは、やはり前大会の南アフリカ戦の、最後の15分から20分くらいの攻防。あの攻防が、ラグビーの集大成の時間のような気がするんです。ああいう感動を今回も数多く見られることを、僕はいちラグビーファンとして信じています」と激励。DJ KOOも「高校3年間ラグビー部でした。高校を卒業してからDJの見習いになったんですけどDJも縦社会で、すぐにDJブースで回せるわけじゃなくて、ウエーターをやりながら先輩の選曲をメモしたりとか、お客さんがいなくなってからレコードに触ったり。やっぱりラグビー部で培ってきた気合というものがあったからこそ粘り強く続けられたと思いますね。ラグビー最高でーす! 気合と根性TRY to DANCE! YES!」とラグビー愛をアピールしている。

 また、ブルゾンちえみは「大学でラグビー部のマネジャーをしたのがきっかけで、陸上しか知らなかった私が、初めて興味を持ったスポーツです。令和になって最初の、日本が一致団結して応援する競技だと思うので、みんなで応援したいですよね」と応援を呼び掛けると、中川家も「オリンピックやサッカーワールドカップもありますけど、それらと並ぶ世界的スポーツイベントが日本で開催されるという、このすごさをテレビの前の皆さんにもっと知っていただきたいし、知っていただくために、われわれもラグビーの応援を精いっぱいしていきたいですね。4年に一度ワールドカップは開催されますけど、日本で開催されるのは次いつになるか分かりません。だから今回は、ホントに日本代表を皆さんに応援していただきたいと思います」と訴えている。

 日本テレビ系では9月20日の開幕戦「日本×ロシア」や11月2日の決勝戦など19試合を地上波生中継する。




キーワード

関連記事


TVガイド最新号

TVガイド
2019年6月21日号
発売日:2019年6月12日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:相葉雅紀

新着連載

PAGE TOP