女性監察官VS女性警察官、「W県警の悲劇」芦名星主演で連ドラ化

ニュース
キーワード

 BSテレ東では7月13日から、女優の芦名星主演の連続ドラマ「W県警の悲劇」(土曜午後9:00)をスタートさせる。

 同作はミステリー作家・葉真中顕氏による同名小説が原作。高級中華料理店「玉好園」の特別個室で開かれる県警本部の幹部たちの集い、通称・円卓会議のメンバー入りを狙う監察官・松永菜穂子(芦名)が、“女性警察官の鑑”になるべく奮闘していく。監察官である菜穂子の仕事は“警察の中の警察”ともいえるポジション。生まれ持った洞察力や観察力を駆使し、各所轄にいる女性警察官と対峙(たいじ)していく。

 事件解決のミステリーである一方で、菜穂子が毎回強力な女性警察官と対峙する“女同士のバトル”が見どころ。毎回強力な女性ゲストが登場する1話完結物としてはもちろん、最終回につながる大どんでん返しが待ち受ける。

 ゴールデン帯の連ドラ初主演の芦名は「とてもうれしかったです。設定や人物像にいくつも仕掛けがあり、私のイメージする女性警視よりずっとボリュームのある主人公設定、内容でしたので、ますますやりがいを感じ、この夏はここに尽力しようと思います」と意気込む。見どころについては「この世界観の中に安心して入ってきてほしいです。きっと見ていて期待は裏切らずに毎回のストーリーを楽しめると思います。人間模様も描かれるので人の心の持つたくさんの感情から、登場する人々の気持ちや思い、何かしら共感できる部分があれば、より楽しんでいただけるのでは」と期待を込めている。





キーワード

関連記事
PAGE TOP