比嘉愛未が母親役で「TWO WEEKS」出演!「役者としてターニングポイントに」

ニュース
キーワード

 7月期に放送する三浦春馬主演のフジテレビ系連続ドラマ「TWO WEEKS」(火曜午後9:00、開始日未定=関西テレビ制作)に、比嘉愛未、三浦貴大、高嶋政伸、黒木瞳が出演することが決まった。

 同作は、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘の命を救うために挑む2週間の逃亡劇を描く。比嘉が演じるのは、結城の元恋人・青柳すみれ。8年前に結城から一方的に別れを告げられた後、結城に黙って娘のはな(稲垣来泉)を産み、シングルマザーとして育ててきた。しかし白血病に侵されたはなのドナー適合者を探すため、はなの父親である結城のもとを訪れる。

 連ドラでは自身初の母親役を演じる比嘉は「連ドラでは初めての母親役ということで、役者として一つのターニングポイントになる挑戦です。だけど、乗り越えた先は絶対景色が変わるような気がしますので、楽しみながら取り組んでいきたいです」と気合十分で、「私自身、読んでいてすごく面白くて、次も見たいと思える脚本ですので、その中でちゃんと母性をにじみ出せるように頑張ります。素晴らしいキャストの皆さん、特に疾走する三浦春馬さんの熱量を感じてもらえたらと思います」とアピールした。

 また、三浦貴大がすみれの婚約者で刑事の有馬海忠役を演じるほか、高嶋が結城とは古くからの付き合いがある実業家の柴崎要役、黒木が国会議員の久我早穂子役で出演する。三浦貴大は「物語の中の複雑な人間関係の中で、どのように有馬という男を演じていくべきか、良い脚本なだけにかなりのプレッシャーを感じました」と心境を明かしつつ、「難しい作品と役柄ではありますが、より良い作品になるように物語の中に存在していければと思います」と話している。





キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月29日号
発売日:2019年11月20日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:生田斗真

新着連載

PAGE TOP