大森南朋主演で韓国ドラマ「サイン」リメーク。共演に松雪泰子、仲村トオルら

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系では、7月クールの木曜ドラマで「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(木曜午後9:00、開始日未定)をスタートさせる。本作は、韓国で最高視聴率25.5%を記録した大ヒットドラマ「サイン」(2011年)を大森南朋主演、松雪泰子、仲村トオルら強力キャストでリメークしたもので、どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾け続ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠ぺいする権力社会に立ち向かう姿を描いていく。

 韓国版は実在の法医学鑑定機関「国立科学捜査研究院」を舞台とし、国や権力の息がかかりやすい状況下での攻防戦を描いているが、日本では該当する国家機関がないため、「日本法医学研究院」という厚労省・警察庁共管の架空組織を設定。法医学の現場で実際に起こりうる、第三者による解剖結果への“干渉”や“忖度(そんたく)”を国レベルに押し上げて物語をダイナミックに揺り動かしていく。

 失敗と挫折、裏切りと陰謀に翻弄(ほんろう)されながらも、遺体に残された真実の証し(=サイン)と正義を求めて突き進む解剖医と仲間たち。あらゆる事件において、彼らが突き止める真実と権力側がねつ造する真実が共存する中、両者は自分たちの真実を本当の真実として確立させるため、生き馬の目を抜くデッドヒートを繰り広げる。

 民放連続ドラマ単独初主演となる大森が演じるのは、愚直なまでに真実と正義を追求する偏屈かつ無頼な解剖医・柚木貴志。松雪は女性初の捜査一課長を目指す野心家管理官・和泉千聖を演じ、さらに旬な若手俳優、飯豊まりえが柚木の助手となる新人解剖医・中園景を、高杉真宙が生意気だが正義感あふれる千聖の部下・高橋紀理人を熱演。そんな彼らの前に立ちはだかり、権力に寄り添う国立大の法医学教授・伊達明義を仲村が演じる。

 今作の出演について、大森は「今回は民放連続ドラマ単独初主演。どういう感じがちょうどいいのかまだ分からないので、加減を確かめながら現場を盛り上げていきたいです。法医学者は亡くなった方と向き合う職業なので、繊細である一方、どこかで“法医学者という仕事が当たり前で生きている人のテンション”というものも存在するのかなと思います。柚木はすごく真っすぐで、自分が信じているものに対して疑いがない人。だからこそ、目の前に立ちはだかる矛盾にあふれた世の中と常に戦っている人という印象を持っています。彼のそういった真っすぐな部分と、そうではない人間っぽさのコントラストをうまく表現して、皆さんがあまり見たことのないドラマになればいいと思います」と意欲的に語った。

 松雪は「法医学者は言葉を失った遺体から真実を導き出す大変なお仕事ではありますが、それによって多くの人が救われます。私が演じる千聖は、そんな法医学者たちとタッグを組んで真実を追求していく刑事。キャリア志向でありながらも、実際のところは正義感が強く、真っすぐな人だと感じております。全編を通した壮大な物語の中で完結していくエピソードもありますし、刑事として、そことどう対峙(たいじ)していけるかが楽しみで仕方ありません。大森さんや(仲村)トオルさんとも久しぶりにご一緒できますし、飯豊さんと高杉さんという若いお二人とも初共演できますので、今からワクワクしております」と本作への出演に期待を寄せた。

 飯豊は「私が演じる中園景は新人解剖医で、ある程度の知識はあるんですけど実際に解剖をしたことがない女性。寡黙で厳しい柚木さんと、等身大の20代である景の“今っぽい距離感”が、台本を読んでいてもすごくリアルだったので、感じたままに演じていけたらなって思います。今回は解剖シーンもたくさんあるんですけど、実際に死体を見たこともないですし、勉強のために解剖動画を見せていただいた時も、なんだか不思議な気持ちになったんです。すごくドキドキしながらも『これを受け入れなきゃな』と思って、大森さんよりも前に出て食らいつくように見ました。実は、現職の女性解剖医さんは度胸があって、平然と解剖されるとお聞きしたんです。どこかで気を紛らわせないと参ってしまうので、解剖しながら「夜ご飯、何食べる?」といった会話をしてることもあるそうなんです! 私はそこまでいけるかなぁ…と(笑)、そんなドキドキもあります」と不安ながらも役への意気込みを感じさせた。

 高杉は「僕が演じる紀理人は純粋に真実を追い求める刑事。一方で、ちょっと軽い部分もありますけど、誰からも好かれるタイプの子なんです。この二面性をうまく切り替えながら演じていきたいと思っています。僕は10代の頃は犯人役が多くて、刑事役は今回が初めてなんです。実は刑事役にはすごく憧れがあって…。刑事と一緒に事件を追う役を以前演じた時、拳銃を持った刑事役の方々がカッコよくて、『僕もこんな渋い大人になりたいな!』と思っていたんですよ。今回は残念ながら拳銃は持たないんですけど(笑)、カッコいい大人への第一歩を踏み出すべく、頑張って刑事らしく佇んでいきたいです!」とやる気満々で語った。

 仲村は「僕が演じるのは、“大きな枠組みの中で世の中をもう少し良き方向へ導く”という正義感、“今存在する大きな問題を解決するのは自分だ”という使命感があるからこそ、強引に事を進める男。あくまで現時点における僕の想像でしかありませんが、そういった要素を香辛料的に散りばめられたらいいなと思っています。また、伊達にも柚木のような信念を持っていた時代があったと思うんです。僕自身も若い頃の映像やインタビュー記事を目にすると、『バカだなぁ。お前なんか何も分かってなかったじゃないか!』と思ったりするんですけど、柚木とはそういった“いつかの自分のような男に対する苛立ち”が介在する関係を見せられたらなと思います。とはいえ、演じるのは大森くんですから! 予想を超えた感情を刺激してくれるだろうという期待も、ものすごくあります。視聴者の皆さん、お願いですから最終回のラストシーンまで見てください。僕らはそこを目指して一生懸命やっていますので! それが今の僕の祈りです」とアピールした。



キーワード

関連記事
PAGE TOP