「半沢直樹」続編が2020年4月に放送決定、出向先でも“倍返し”なるか

ニュース
キーワード

 TBS系では来年4月期に、堺雅人主演の連続ドラマ「半沢直樹(仮)」(日曜午後9:00、開始日未定)を放送することが決まった。2013年7月期に放送された連ドラ「半沢直樹」の続編で、同作は最終回に視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)という平成30年間に放送されたドラマの中で最高視聴率をマークした超人気作として知られる。

 前作は、直木賞作家・池井戸潤氏の小説「半沢直樹」シリーズの「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」を原作に、メガバンク「東京中央銀行」に勤める半沢直樹(堺)が、銀行内外に現れるさまざまな「敵」に立ち向かう姿が描かれた。サラリーマン社会の“正義”とは何かを訴えた胸のすくストーリーが人気を博し、劇中での決めゼリフ「やられたら倍返し」が話題を呼んだ。

 今作では同小説シリーズの「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」を原作に、半沢が銀行から出向先の「東京セントラル証券」に赴任するところからスタート。出向先でも次々に発生するトラブルを乗り越え、理不尽な要求を突きつける相手に「倍返し」できるのかが見どころになる。ドラマを制作する伊與田英徳プロデューサーは「大変うれしく思います。皆さんに感謝の倍返しができるように、全力で準備していきたいと思います」とコメントを寄せている。



キーワード

関連記事
PAGE TOP