豪腕・西投手を擁する創志学園とセンバツベスト8の筑陽学園が福岡・小郡で対戦

博多ニュース

 TNCテレビ西日本は、5月18日の深夜1:45から「高校招待野球 筑陽学園×創志学園(岡山)」を放送する。

 春の九州大会が終わり、夏の甲子園をにらんで有力校の練習試合が盛んになる時期。毎年、福岡県高野連の主催により全国的な強豪校を招いて実施される大会が、この「高校招待野球」だ。今年は、昨夏の全国高等学校野球選手権大会(第100回記念)に出場した、岡山県の強豪・創志学園高校を招待。5月18日に小郡市野球場で筑陽学園高校(福岡県太宰府市)、西日本短期大学附属高校と、5月19日に北九州市民球場で真颯館高校、九州国際大学付属高校と練習試合を行う。

 番組では、その中で5月18日午前10:00開始予定の筑陽学園対創志学園戦を、当日の深夜に録画中継。150キロの剛速球が自慢の西純矢投手を擁する創志学園と、春のセンバツ甲子園でベスト8に進出した筑陽学園が、どんなゲームを展開するのか、楽しみだ。解説は野球解説者の加藤伸一。実況は坂梨公俊アナウンサー。球場では1日600円の入場料で観戦できる。




キーワード

関連記事
PAGE TOP