木村文乃が振り込め詐欺に立ち向かう! オリジナル作品で情に厚い刑事役

ニュース
キーワード

 NHK総合では、木村文乃が振り込め詐欺に立ち向かう刑事を演じる連続ドラマ「サギデカ」を8月31日(土曜午後9:00、全5回)にスタートさせる。詐欺グループのトップ摘発に心血を注ぐ主人公の刑事・今宮役の木村は「刑事の役はこれまで何度か経験させていただきましたが、今回は捜査二課、それも無意識下で背負わされた闇を抱えながらも、被害者、加害者どちらにも寄り添うことを選ぶ情の厚さのある主人公です」と役どころを明かす。

 ドラマは、警視庁捜査二課の知能犯担当の今宮が、詐欺グループの「受け子」や「かけ子」が捕まるばかりでトップまでたどり着けないジレンマを抱えながら、緻密でがむしゃらな捜査で詐欺犯の実態に肉薄するストーリー。取材に基づいたオリジナル作品で、脚本はドラマ「透明なゆりかご」などで知られる安達奈緒子氏が担当する。

 今宮と駆け引きをするかけ子の加地役を高杉真宙、同僚刑事の森安役を眞島秀和、今宮の祖母・しのぶ役を香川京子、係長の手塚役を遠藤憲一が演じるほか、清水尋也、足立梨花、玉置玲央、長塚圭史、鶴見辰吾らが出演。各話ゲストには泉ピン子、筒井真理子、伊東四朗が登場する。

 木村は「頼れるようで危なっかしいアンバランスさを監督、スタッフ、そして頼もしく分厚いキャスト、さらに身に余る豪華ゲストの皆さんと作り上げ、視聴者の皆さんに楽しんでいただける作品にできるようまい進します」と意気込みをアピールしている。




キーワード

関連記事
PAGE TOP