橋本マナミがストリッパー宣言!? フェイクの自分になりきる新感覚ドキュメンタリー

ニュース
キーワード

 フジテレビ系では、諸行無常の芸能界を生き抜く7人のオンナたちに、映画「愛の渦」「娼年」を手掛けた監督・三浦大輔氏が与えた架空の設定を演じてもらうフェイクドキュメンタリー「人間の証」を5月21日(深夜1:35)にスタートさせる。

 同番組は、架空の番組のディレクターという設定の三浦監督が、橋本マナミ、紺野ぶるま、鈴木亜美、今泉佑唯ら7人のオンナたちに密着し、インタビューするという形式で進んでいく。橋本マナミのケースでは、橋本が「ストリッパーになって活動していこうと思っています」と宣言するところから始まる。橋本はその理由を「新たな自分への挑戦というかステップアップ。可能性への挑戦ですね」と言い、「事務所も辞めるつもりでいます」と固い決意を見せる。しかし、三浦には、その決断の真意が見えないため、橋本の日常に密着しながら質問を重ねていく。

 やりとりはヒートアップするが、橋本と三浦のやりとりはすべて台本に基づくもの。これらはすべて“フェイク”。とはいえ、それを演じているのは人間。芝居として表現される喜怒哀楽の感情の中に、オンナたちの“リアル”が垣間見える。語りを担当するのは峯田和伸。主題歌は銀杏BOYZの「生きたい」に決定した。

 橋本は「今までにない企画で、聞いた時は正直“ドッキリ”かと思いました。しかし、作、演出、三浦大輔さんと聞いて、さすがにそれはないだろうなと思い、注目の鬼才と呼ばれている三浦さんとどのような作品をご一緒できるのか、楽しみで仕方ありませんでした」と期待を込める。撮影を終えた現在は「まだ編集したものを見ていないのですが、編集も含めていろいろ抜粋いただくと満足度120%の作品になっているんじゃないかなと思います。フェイクがリアルになっていく過程を視聴者の皆さまに楽しんでいただけたら幸いです」とアピールしている。




キーワード

関連記事
PAGE TOP