井上芳雄×堂本光一「日本でもトニー賞のようなものができれば」

ニュース
キーワード

 WOWOWプライムで6月10日に生中継される「生中継!第73回トニー賞授賞式」(午前8:00)でナビゲーターを務める井上芳雄とスペシャル・ゲストの堂本光一が、互いの印象、トニー賞に対する思いなどを語った。

 アメリカ・ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで開催される「トニー賞」は、演劇・ミュージカル界における世界最高峰のアワード。日本のスタジオからは、井上と堂本2人が同賞を盛り上げる。6年連続でトニー賞授賞式のWOWOW生中継番組に出演する井上は、「よく6年も続けてやらせていただいているなと思っています。当たり前ですが、出てくる作品が毎年違うので、慣れたという感じもせずに毎回ドキドキしながらその時を迎えるという気持ち」と今回も期待する。堂本は「トニー賞はいつもチェックしています。授賞式はこれは見ておくべき作品というものが凝縮された形で見られるので、すごくお得というか。ミュージカルにそんなに興味がない人にも、ミュージカルの魅力が伝わるんじゃないか」とアピールする。

 授賞式の生中継番組とは別に、2人は5月25日放送予定の事前番組「トニー賞直前SP 2019 ~僕たちのブロードウェイ物語~」(午後6:45)の収録で、NYのブロードウェーに行き、生の空気を体感することが予定されている。井上は「ただただ楽しみ。今までも事前番組でNYに行かせてもらったことがありますけど、基本的には1人でした。だから今回、光一くんと一緒に新作を見られるのも楽しみだし、その作品についてどうだった、ああだったと話ができるのも楽しみ」とうれしそう。

 授賞式の見どころについて堂本は「それぞれの作品を代表するシーンが演じられたりするので、それを見られるのはすごくぜいたく。演者もその短い時間にかけないといけないし、きっと高揚するものがあると思う。賞レースでなくてもいいんですが、日本でもこういう番組があればいいのに」とコメント。井上も「いつか日本でもトニー賞のようなものができれば、また違う盛り上がりがあるんじゃないかなと思いますね」と同意する。

 ミュージカル「ナイツ・テイル―騎士物語―」で共演して以来、さらに親交を深めたという2人。「今回、芳雄くんと一緒に仕事ができるというのも、すごくステキなめぐり合わせで。すごくうれしいことですね」と堂本が語れば、井上も「光一くんが来てくれることで広がることがありますし、影響力もすごいので感謝しています。光一くんも進行が上手なので、お互いに助け合いながらやっていきたいと思います」と意気込んでいる。



キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月30日号
発売日:2019年8月21日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:410円
表紙:

新着連載

PAGE TOP