岡田准一、「白い巨塔」ドイツロケに「この作品で来られてうれしい」

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で5月22~26日に5夜連続で放送する、岡田准一主演の「テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子 白い巨塔」(午後9:00)で、開局記念ドラマにふさわしくドイツロケが敢行された。

 大阪の大学病院を舞台にした山崎豊子著「白い巨塔」は、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫り、山崎作品の中でも“最高傑作”と呼び声の高い不朽の名作。今作では物語の設定を現代に置き換え、最新医療ならではの今までにない新たな「白い巨塔」の世界を描く。

 教授選を終え、晴れて「浪速大学」医学部第一外科の教授へと上り詰めた財前五郎(岡田)は、ドイツで行われる国際医療外科学会に招待され、現地で講演と手術のデモンストレーションを行うことになる。物語の中でも中盤の重要なポジションを占めるドイツでのシーンは、小雪がちらつく極寒の中で行われた。

 大勢の現地キャスト・スタッフとともに進められ、日本語、英語、ドイツ語が交互に飛び交う撮影現場で、岡田は現地のキャストとも積極的にコミュニケーションをとり、ドイツ語のセリフについてもコーディネーターに確認をするなど熱心に撮影に取り組みながら、合間には和やかに笑い合う場面も見られた。さらに、今回のドイツロケでは、ドイツ三大名城の一つであり、ドイツで最も有名な城趾の一つでもあるハイデルベルク城でもロケを決行。ハイデルベルク城で日本のクルーが撮影を行うのは今回が初の試みとなり、まさに5夜連続の大型ドラマだからこそ実現した貴重なロケーションといえる。

 今回のドイツロケについて、岡田は「ドイツにこの作品で撮影に来られたことはうれしかったです。ドイツでのシーンは財前にとっても、教授選を終え海外に呼ばれて行く、という一番ギラギラしている、いわば全盛期のような時期。ドイツに学会とオペで招待されるのは栄誉なことなので、その背景も踏まえてロケに臨みました」と物語の重要なシーンであることを強調。

 続けて「日本のクルーとして初めてハイデルベルク城で撮影をしたのですが、すごく趣があっていい雰囲気でした。ドイツ語は現地で通訳の方に教えてもらいながら少し練習をしました。ドイツの俳優の皆さんともご一緒しましたが、言葉が分からない中でもお互いにコミュニケーションをとりながらお芝居ができて、とても楽しかったです!」と現場での雰囲気について話した。

 そして「『白い巨塔』という名作に挑もうとする監督・スタッフの気持ちが強いので、戦いがいのある財前という役を味わいつくそうと思って現場に入っていました。ドラマのクライマックスとなるシーンを撮影している時、現場で監督をはじめスタッフの方々が泣いてくれたんです。財前はイヤな男に見えるように演じてきたのですが、たとえそんな男でも、スタッフが愛情をもって一緒に役柄を作ってくれたことに感激しました。日本の作品のクオリティーも世界基準を目指していくのが理想的だと思っていますし、そういう意味でも国内外問わず仕事をしていきたいと思っています」と役柄への思いと意気込みを明かした。



キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP