美智子さま物語を初のドラマ化、永作博美が東宮女官長役で主演

ニュース
平成の“大晦日”令和につなぐテレビ
キーワード

 フジテレビ系では、平成という時代が終わる大きな節目に“新しい皇室のあり方”を模索されてきた天皇皇后両陛下のこれまでの歩みを独自映像と関係者から得た秘蔵エピソードで振り返る「FNN報道スペシャル平成の“大晦日”令和につなぐテレビ」を4月30日(午後6:30)に放送する。番組では、美智子さまの知られざるお気持ちが記された貴重なノートをもとに、「プリンセス美智子さま物語 知られざる愛と苦悩の軌跡」(仮題)として、世紀のご成婚と美智子さまがこれまで歩まれてきた道のりを東宮女官長の目線からドラマ化、その主演を永作博美が務める。

 同番組では、美智子さまの知られざるお気持ちがつづられた貴重な資料を独自入手。初めて民間から皇室に入られ、前例のない子育てやファッションが注目され、“ミッチーブーム”に世の中が熱狂した一方、伝統の壁や批判にさらされた美智子さま。美智子さまは当時、その苦しい胸の内をノートにつづられていた。そして美智子さまとごく親しいある人物が、それを一字一句、書き写していた。

平成の“大晦日”令和につなぐテレビ

 番組では、そのノートを独自入手。「“伝統と進歩”というむづかしい課題の前で、いつも私は引き止められ、立ちどまって考えてしまいます」(原文ママ)など、美智子さまの本当のお気持ちがつづられている。番組では美智子さまの知られざるお気持ちが記されたその貴重なノートをもとに、永作演じる東宮女官長・浜村時子(仮名)の目線からドラマ化する。ご在位中の天皇陛下・皇后陛下の物語をドラマ化するのはこれが初めてとなる。

平成の“大晦日”令和につなぐテレビ

 永作は「とても心温まる作品で驚きました」とし、「役を作りきれませんでした。そのくらい私のいる世界とはかけ離れた世界でした。言葉の違いにもかなり戸惑いました。知らない世界で常に張り詰めた緊張感。私の役どころについては、厳しくお勤めされていたようですが、やはりどこか人間くさい、人の情けのようなものを知っている方なのかなと。少しでも感情を出せるところは出したいと思っていました」と話している。


キーワード

関連記事
PAGE TOP