野島伸司×馬場ふみか×小島藤子、女性同士が思い合う姿描く

ニュース
キーワード

 女優の馬場ふみかが、5月24日から動画配信サービス・FODで配信されるオリジナルドラマ「百合だのかんだの」に主演し、その親友役を小島藤子が演じる。

 同作は「パパ活」「彼氏をローンで買いました」に続く野島伸司氏による脚本で、偶然再会した女の子2人が、友情や親友という言葉だけではくくれない関係に発展し、やがてお互いを思い合うという女子同士の献身的な姿を描く。

 ドラマは大学生の篠原百合(馬場ふみか)がストーカーに悩まされているところからスタート。自宅の郵便ポストに使用済みのティッシュが入っているなど、執拗(しつよう)な嫌がらせが続いていたため百合は引っ越しを決める。不動産会社で新しい物件を紹介してもらっていると、案内役の女性社員・二宮海里(小島藤子)が、小学校時代の同級生だと知る。互いに再会を喜ぶが、海里の言葉やハグの長さなど、節々に感じる再会以上の何かに百合は少し違和感を覚える。

 馬場は「野島さんの感覚がめちゃくちゃ若いと感じました。女の子が大学でしゃべっているシーンがとてもリアルで、お互い通じ合っている感覚で不思議な会話が成り立っていきます。私は基本男性が好きですが、ものすごく共感できました。女性を好きになる気持ちは自分の中にもあると思うし、誰しもふとした瞬間にそれが訪れるかもしれません」と話す。

 野島は「今回の作品については、女性同士の恋愛を描くつもりは全くありませんでした。離婚や仕事で忙しく彼氏を作らない女性が増えている中で、最後には女性同士で一緒に暮らそうなど、男女の関係が限界にきているように感じます」と着想を明かし、「キャスティングが作品柄からも難航することは容易に考えられたので、馬場ふみかさん、小島藤子さんがこの役を受けてくれたことに感謝しています。2人には借りができました(笑)」と喜んでいる。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年7月26日号
発売日:2019年7月17日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:山田涼介

新着連載

PAGE TOP