玉木宏主演「スパイラル」の主題歌歌う佐藤竹善が現場訪問!

ニュース
キーワード

 テレビ東京系で4月15日スタートのドラマBiz「スパイラル~町工場の奇跡~」(月曜午後10:00)で、主題歌「Spiral」を歌うSING LIKE TALKINGの佐藤竹善が撮影現場を訪問した。

 同作はドラマ、映画化もされたベストセラー経済小説「ハゲタカ」シリーズのスピンオフ作品で、天才的な発明家だった創業者が急逝し倒産危機に陥った下町の町工場を、銀行員から転身した1人の企業再生家・芝野健夫(玉木宏)が立て直していく軌跡を描く。ドラマの現場訪問は初めてだという佐藤は「セットではなく本物の場所のようで、興味深いですね。初めての体験なので、なにもかもが新鮮で、役者さんもすごいですが、監督の指示でどんどん変化していって、リアリティーが増していくんだなと思いました。僕らの音を作っていく感じと、詰め具合が似ているなと思い勉強になりました」とコメント。

 また、玉木は佐藤の印象について「昔から聴かせていただいている佐藤さんに楽曲提供をいただけること、また、現場にいらしていただけるとは思っていなかったので、お会いできてうれしく思っています」と喜び、佐藤も「僕はやっぱりミュージシャンですから、(玉木主演の)『のだめカンタービレ』の時から見ていまして、本当に素晴らしいと思っていました。今回のドラマ『スパイラル』では、また今までと違った役柄の玉木さんの数々のシーンを見られるので本当に楽しみです」と互いにリスペクトを見せた。

 主題歌「Spiral」について玉木は「歌詞の世界観も曲風も、“優しく力強い”という印象を受けました。ちゃんと芯があり、芝野の気持ちにリンクしている部分があると思いました。明るいだけでなく町工場の静かな感じと、そこから再生していくんだという力強さがマッチしているように感じました」と絶賛した。

 最後に佐藤が「主役の玉木さんはもちろんですが、共演者の方も素晴らしい役者さんが固めていらっしゃるので、非常にリアリティーのある内容になるんだろうなと感じました。最初の予告動画をネットで見たのですが、そこから漂う空気も非常にリアリティーがあってドキドキする感じもあり、すごく期待しています」と作品に寄せる期待を語ると、玉木も「町工場だからではなく、生きていく上で大事なメッセージがたくさん込められたドラマだと思うので、弱者の立場になって考えることや、諦めずに信念を持って強く生きること。SING LIKE TALKINGが作られた主題歌の世界とも共通することはたくさんあると思います」と締めくくった。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年7月26日号
発売日:2019年7月17日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:山田涼介

新着連載

PAGE TOP