安藤サクラが「なつぞら」出演を直訴!「エキストラとして出演したい」

ニュース
キーワード

 NHK連続テレビ小説のバトンタッチセレモニーが行われ、3月30日に最終回を迎える「まんぷく」(月~土曜午前8:00)のヒロイン・立花福子役の安藤サクラ、4月1日にスタートする「なつぞら」(同)のヒロイン・奥原なつ役の広瀬すずが出席した。広瀬にバトンを引き継ぐ安藤は「健康に気を付けて頑張ってというのが一番の思いです。現場で(『ゲゲゲの女房』ヒロインの)松下奈緒ちゃんに『ヒロインにはヒロインにしか分からない気持ちがどこかにあるから』と言ってもらい、心強く温かい気持ちになりました。奈緒ちゃんの言葉ですが、それを伝えたいです。いつでも連絡してください。夫(柄本佑)も『なつぞら』に出ているから」と激励した。

 「まんぷく」は福子と夫の萬平(長谷川博己)がさまざまな事業に挑戦し、失敗を乗り越えて即席ラーメンを開発し、世界の食文化に革命をもたらすストーリー。新たにスタートする「なつぞら」は戦争で両親を亡くしたなつが、父の戦友の柴田剛男(藤木直人)に引き取られて北海道・十勝に移り住み、成長後は開拓者精神で草創期のアニメーション業界に飛び込む姿を描く。

 恒例のドラマゆかりの品の交換では、安藤から広瀬に「まんぷくヌードル」がプレゼントされ、安藤には広瀬が十勝ロケで気に入ったという「とろーりチーズパン」が贈られ、安藤が「ぜひドラマの片隅にまんぷくヌードルが見えたら、うれしいです。あわよくば、同じ時代なのでエキストラとして出演したい。今までそんなのありました?」と出演を直訴する場面も。広瀬が「朝ドラ100作目なので、歴代のヒロインの方が出てくださっていますから」と応じると、安藤は「ちょっと福子のお洋服を東京に持ってきて置こうかな。通行人でもいいので。そんなことがあったら楽しそうですよね」と早くも乗り気になっていた。

 連続テレビ小説100作目の「なつぞら」には小林綾子(「おしん」)、山口智子(「純ちゃんの応援歌」)、松嶋菜々子(「ひまわり」)、比嘉愛未(「どんど晴れ」)、貫地谷しほり(「ちりとてちん」)ら歴代ヒロインの出演が決まっている。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年11月29日号
発売日:2019年11月20日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:生田斗真

新着連載

PAGE TOP