「24時間テレビ」メインパーソナリティーに嵐が決定

ニュース
キーワード

 日本テレビ系で8月24、25日放送の「24時間テレビ42」(放送時間未定)のメインパーソナリティーを嵐が務めることが決まった。新たな元号を迎える今年は「人と人 ~ともに新たな時代へ~」をテーマに、東京・両国の国技館を会場に行われることも発表された。

 同番組は1978年から毎年放送されている生放送のチャリティー番組で、嵐がメインパーソナリティーを務めるのは6年ぶり5回目(2004年、08年、12年、13年)。3月16日に放送された同系「嵐にしやがれ」(土曜午後9:00)で就任が発表された嵐の櫻井翔は「6年ぶり5回目、さらに新元号となって最初の『24時間テレビ』という大役を任せていただいた。国技館という新しい場所で、メンバーそれぞれがさまざまな人とつながりながら、新時代にふさわしい『24時間テレビ』を作りたい」と意気込んだ。

 これまでの『24時間テレビ』で印象に残っていることとして、相葉雅紀は04年に「メンバーに宛てたサプライズの手紙」だと告白し、「でも、気持ちを込めて書いたのに本番で泣きすぎて伝えきれなかった」と苦笑いで反省。二宮和也は12年の佐々木健介・北斗晶ファミリーのマラソンを挙げ、「家族でリレーしていく姿が新鮮だった」と胸に響いた様子。大野は08年に自身が担当した巨大バルーンプロジェクトを振り返り、「(武道館の別の場所で)1人で作業しながら、4人を見るのが新鮮だった」と明かした。

 また、櫻井は「亀梨和也、小山慶一郎と行った2017年」を挙げ、「『24時間テレビ』内の『嵐にしやがれ』企画で、嵐メンバーに合流した時、いつものメンバーに囲まれる安心感を改めて感じた」。松本潤は「被災地の方たちと一緒にやらせてもらっている企画」だと明かし、「(東日本大震災から)8年たったけれど、毎年放送している『24時間テレビ』だからこそ、8年間でどう変わったかを伝えることができていると思う。今年の『24時間テレビ』は“今、どう向き合うか?”をたくさん詰め込むことができれば」と訴えていた。

キーワード

関連記事
PAGE TOP