志尊淳主演ドラマ「潤一」がカンヌシリーズに日本作品初のノミネート!

ニュース
キーワード

 7月から関西テレビで放送予定の志尊淳主演による6話連続ドラマ「潤一」が、4月にフランス・カンヌで開催されるフランス・カンヌ国際シリーズフェスティバルのコンペティション部門の正式出品作品に、日本のドラマとして初めて選ばれたことが分かった。

 カンヌシリーズは、2018年からスタートした連続ドラマを対象とする国際的ドラマの祭典。世界中から応募されたドラマ作品の中から選ばれた作品が、4月にカンヌで開催される「カンヌシリーズ」でノミネート作品として上映され、その中から作品賞・主演賞・脚本賞・音楽賞・特別賞が選出される。

 ドラマは直木賞作家・井上荒野氏による原作で、女性たちを瞬時に魅了するミステリアスな青年・潤一と、さまざまな背景を持った16歳から62歳までの女性たちとの刹那の愛を描く。志尊演じる潤一と出会い、そして別れていく孤独な女たちを藤井美菜、夏帆、江口のりこ、蒔田彩珠、伊藤万理華、原田美枝子が演じる。

 志尊はドラマについて「小説を読ませていただき、今まで物事を理屈的に解釈をしようとしていた自分の概念が否定された気持ちになりました。人のかかわり、感情には理屈だけではない“何か”が潜んでいて、それをすごく体現しているのが“潤一”だと。明確に分からない“何か”を自分と見つめ合い、潤一と寄り添い、模索していきました」と役作りを明かし、同作がフランス・カンヌ国際シリーズフェスティバルのコンペティション部門に出品されることが決まって、「うれしい気持ちと夢のような気持ちでいっぱいです。国内外問わずたくさんの人に『潤一』をお届けできるよう頑張ります」と喜びを語った。

キーワード

関連記事
PAGE TOP