「ひよっこ2」有村架純が早くも続編に期待!「また続きを演じるのが楽しみ」

ニュース
キーワード

 NHK総合で3月25日から28日まで4夜連続で放送されるスペシャルドラマ「ひよっこ2」(午後7:30)の試写会が行われ、ヒロイン・前田みね子役の有村架純、脚本の岡田惠和氏が出席した。同作は2017年に放送された連続テレビ小説「ひよっこ」の続編で、有村は「私にとって、とても大切な役です。1年かけて撮影していたので、なかなか茨城弁のイントネーションが抜けず、今でも普段しゃべっていると“なまっている”と言われたりします。そんなことは初めてですし、この間に別の作品も演じましたが、みね子に戻れるんですよね。また1年後、2年後に続きができるのなら、演じるのが楽しみです」と役柄への愛着を明かした。

 前作では、東京五輪が目前に迫る高度成長期に集団就職で上京した茨城県出身のみね子が、トランジスタ工場の工員を経て、赤坂の洋食屋「すずふり亭」で働きながら東京に根を張っていく姿が描かれた。今作では、みね子が前田秀俊(磯村勇斗)と結婚してから2年後の1970年の赤坂と奥茨城村を舞台に、おなじみの面々の日常が描かれる。

 有村は「何が変わったかというと(旧姓の)谷田部から前田みね子に変わったこと。台本に前田と書いてあることに初々しさを感じました」と前作との違いを明かし、「みね子の部屋にヒデ(秀俊)さんがいるんですよ。これが結婚ということなんだなと思いました。演じていて照れくさい部分もありました」と今作では結婚を意識したことをアピールした。

 脚本の岡田氏は「みね子は世の中に大きな痕跡を残したり、何かを成し遂げる役ではないのですが、それをちゃんとドラマにできたと思っています。それは脚本家冥利(みょうり)に尽きるし、僕自身が書きたいという思いより、続きが見たい気持ちが強いんです。すごく幸せなことですし、大切にしたいドラマです」と作品への深い思いを告白し、「どうなるかは視聴者の方々の反響しだいですが、気持ち的には早くも、また続編がやれたらと思っています」と訴えていた。

キーワード

関連記事
PAGE TOP