井ノ原快彦主演「特捜9」が2シーズン目に突入!! SPドラマも決定!

ニュース
特捜9
キーワード

 テレビ朝日系では4月10日から、井ノ原快彦主演の連続ドラマ「特捜9 season2」(水曜午後9:00)を放送することに決まった。さらに、この連ドラスタートに先駆け4月7日には「特捜9スペシャル」(午後9:00)を放送、ゲストは“9係”時代からのファンにはおなじみの神宮寺桃子役で名取裕子が登場することも決まった。

 同作は2006年4月に「警視庁捜査一課9係」としてスタートし、昨年、寺尾聰を班長に迎えて「特捜9」へと生まれ変わった人気ドラマシリーズのシーズン2。昨年、異例中の異例で巡査部長ながら主任を務めた浅輪直樹(井ノ原)が、今回、五級職警部補に昇進、名実ともに主任となり、特捜班のメンバーとも新たな関係を築いていくこととなる。また、これまで直樹&新藤亮(山田裕貴)、小宮山志保(羽田美智子)&村瀬健吾(津田寛治)、青柳靖(吹越満)&矢沢英明(田口浩正)といったお約束のコンビで捜査をしていた特捜班だが、今シーズンは宗方朔太郎(寺尾)のアイデアで、異なるコンビで捜査するなど新たなシチュエーションも描かれる。

 シーズン2のスタートに向けて、井ノ原は「去年『特捜9』としてスタートするまでは、ずっと“9係”としてやってきました。今はまだ“9係”から『特捜9』に変わる狭間のような気がしています。今回、『特捜9』のシーズン2と言っていますが、これがスタートだと言っても過言ではないくらい、新たな気持ちで取り組んでいます」と新たな意欲を語り、寺尾については「実はこれまで寺尾さんと2人で外を歩くシーンがあまりなかったんですが、今回は結構あるんですよ。なので、僕と寺尾さん2人がコンビになる感じがして、とても新鮮です! 先日、駅の改札を2人で出てくるシーンを撮ったんですが、本当に新鮮でした。『班長も交通カード持ってるんだなぁ』って(笑)」と寺尾とのコンビを喜んだ。

 その寺尾は「井ノ原さんが演じる浅輪が今回昇進します。去年、皆さんの中に後から入ってきた僕自身、どうやって“井ノ原・浅輪”を手助けしようか…という思いが強いので、浅輪の昇進は個人的にもとてもうれしいです。これからも、もっともっと成長して、どんどん昇進していくんじゃないかなと楽しみにしています。また、去年、僕は割と特捜班の部屋にいることが多く引きこもりがちだったんですが、今回はちょっとだけ外に出ます。井ノ原くんの後を追いかけながら、僕自身も楽しんでいきたいなと思っています」と井ノ原同様にコンビを期待している様子で語った。

 また、スペシャルでは、ゲストの名取をはじめ班長の寺尾、鑑識の伊東四朗、警視総監の里見浩太朗など主役級の大物がズラリ勢ぞろいし、作品に深みを与える。“9係”時代には警察庁刑事局参事官で、階級は警視長だった桃子(名取)は、警察庁審議官で階級は警視監とさらに偉くなって特捜班のメンバーの前に現れる。女性初の次期警察庁長官との呼び声も高く、何やら特捜班を窮地に陥れることになりそうな不穏な気配も漂い、敵か味方か、桃子の思惑が見どころとなる。


キーワード

関連記事
PAGE TOP