櫻井翔が宇宙番組ナビゲーター!「聖闘士星矢」きっかけで星空好きに

ニュース
キーワード

 NHK総合で3月17日にスタートする「NHKスペシャル『スペース・スペクタクル』」(午後9:00、全4回)の取材会が行われ、ナビゲーターの櫻井翔、進行の和久田麻由子アナウンサーが出席した。櫻井は「題材は宇宙、話題のはやぶさ2というホットなもの。そこに至るまでの年月とかかわってきた人の多さを考えると、このプロジェクトに参加できることを光栄に思います」と意気込みを明かした。

 同番組は最新科学をもとに“宇宙と私たち生命の知られざる絆”に迫るシリーズ。初回の3月17日は世界初の小惑星上移動探査に成功した探査機・はやぶさ2の着陸をテーマとした「プロローグ はやぶさ2 新たなる挑戦」が放送され、6月以降に第1集「『宇宙人の星』を見つけ出せ」、第2集「『宇宙の黒幕』ブラックホールを見よ」、第3集「『地球生命のルーツ』を追え」が放送される。

 スタジオのセットには実寸大のはやぶさ2の模型と小惑星リュウグウが観測に基づいて再現され、櫻井は「まず驚いたのがスタジオのセット。まさに、ここに宇宙があるかのようで驚きましたね。実物大というのがすごい。資料館とかに行かなければ見られないですよ」と衝撃を受けた様子。また、「見どころの一つはNHKとJAXAが作り上げたCGです。本当に宇宙にいるかのような精巧なもので、リアルに感じられた。もう一つは、科学者の方たちがどのようにはやぶさ2に向き合ったのかという思いの熱さです」とアピールした。

 また、「小学生の時に『聖闘士星矢』世代なので星座に興味を持ち、星空を見るのが好きだったんです。親に大きな天体望遠鏡がついている宿泊施設に連れて行ってもらったこともあります。そこから宇宙から離れてしまっていたので、童心に帰るつもりで広がる宇宙の可能性をもっと知りたい。すごく楽しみです」と今シリーズに期待を寄せていた。

キーワード

関連記事
PAGE TOP