岡田准一主演「白い巨塔」に小林薫、松重豊、岸部一徳ら豪華俳優陣が集結!!

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で5月22~26日に5夜連続で放送する「テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子 白い巨塔」(午後9:00)を彩る豪華キャスト陣が明らかになった。主人公・財前五郎(岡田准一)の義理の父・財前又一役に小林薫、浪速大学医学部長・鵜飼裕次役に松重豊、浪速大学病理学科教授の大河内恒夫役には岸部一徳といった、日本を代表する名優たちが決定した。

 大阪の大学病院を舞台にした同作は、医療ドラマの枠を超えて人間の本性に迫り、山崎豊子作品の中でも“最高傑作”と呼び声の高い不朽の名作。今作では物語の設定を現代に置き換え、最新医療ならではの今までにない新たな「白い巨塔」の世界を描く。

 豪快かつ悪賢い財前の義理の父・又一役を演じる小林は「この作品に出てくる人たちは欲望がはっきりしていて、みんながその思惑の中で動いているのですが、その中でも又一という人は特に分かりやすいんです。見る側からしたら、ここまで自分の欲望をあらわにする人は、むしろチャーミングに映るかもしれないですね。でも、そういう強い欲望を持った人が成功していくだけの物語だと、きっと面白くない。欲望と挫折、どちらの要素も含まれているのが何度も映像化されるゆえんでしょうね。時代が変わっても楽しめる作品だと思います」と見どころをアピール。

 教授選に臨む財前を自身の一派に取り込もうと画策する鵜飼役の松重は、「原作の世界観を現代に置き換えて再生するのは大変ではないかと思ったのですが、台本を読んだ際には、見事に2019年のものによみがえっていると感じました。私が演じる鵜飼という人物は、組織の中で上り詰めていくことが最高の目的であり、使命でもある。いつの時代にもこういう権威主義的な人間は組織の中にすみついているだろうと思うので、小気味よく憎まれ役に徹しようと思います(笑)」と演じる決意を明かした。

 そして、野心むきだしの財前をあまり快く思わず、教授選に公正を期すため選考委員に名乗りを上げる大河内役の岸部は「僕が演じる大河内は、一人一人の中にある医者としての良心を形にしたような存在です。大河内は自分がどうなりたいというよりも、人を助けたいと考えているので、どちらかというと里見に近いタイプだと思います。財前と里見という2人の教え子が、同時に“白い巨塔”の中でキャリアをスタートして離れていく。岡田准一さんがこの『白い巨塔』を背負って、いろんな人が演じてきた財前をどんなふうにやるんだろうというのも楽しみですね」と役柄に触れ、岡田の演技に期待を寄せている。

 ほかに、椎名桔平、八嶋智人、高島礼子、柳葉敏郎、岸本加世子、市毛良枝、浅田美代子、筒井道隆、小林稔侍、夏帆、満島真之介、飯豊まりえ、斎藤工、山崎育三郎、向井康二、市川実日子、美村里江、徳永えりの出演も決まった。岡田は「こんなにも豪華なキャストの皆さんとお仕事をすることができ、とてもうれしく思っています。皆さんと一緒に『白い巨塔』という大作に挑めたことも楽しかったですし、鶴橋監督のもと、和気あいあいと撮影ができたこともいい経験になりました」とコメントしている。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP