仲里依紗、高橋メアリージュン、桜井ユキが高橋一生&斎藤工&滝藤賢一を揺さぶる!!

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で4月期に放送する高橋一生主演の連続ドラマ「東京独身男子」(土曜午後11:15、開始日未定)に、仲里依紗、高橋メアリージュン、桜井ユキが出演することが決まった。3人は高橋一生のほか斎藤工、滝藤賢一が演じる“あえて結婚しない男子”=“AK男子”たちが「理想の結婚」を求め七転八倒する展開に、さらなる波乱を呼びこむことになる。

 同作はメガバンク勤務の石橋太郎役を演じる高橋一生、審美歯科クリニック院長の三好玲也役を務める斎藤、大手弁護士事務所のボス弁・岩倉和彦役の滝藤が、今までにない恋愛・結婚観でアラフォー独身男性の本音を体現していく物語。

 仲は玲也の妹・かずな役で、兄の審美歯科の受付を務めるしっかり者でありながら、実は昔から太郎にひそかな思いを寄せているという役どころだ。本作のテーマ“AK男子”について、仲は「1人で生きられるものを全てそろえていて、すごいと思います。ただちょっと、しっかりしすぎているのかもしれませんね」と印象を述べた。続けて「女性関係が派手な訳でもなく、自分が明確に持っているテリトリーを守りたい“1人好きな男性”は、今、増えているんだろうと思います。だから台本を読んで『ああ、いるよね』と納得しました」と分析している。

 高橋メアリージュンが演じるのは、旅行会社に勤務するツアーコーディネーター・竹嶋舞衣で、太郎の元恋人という役どころ。しかも、3年前ぶりに太郎の前に現れ、彼の恋心に再び火をつけることになる。高橋メアリージュンは「このドラマの男性たちは“AK男子”と言いながらも、それぞれの事情で結婚相手を求めていく展開だということで、女性としてすごくありがたい」と笑顔で話し、「この3人はやっぱり男性としてすてきな方々ですからね。でも、もしずっと結婚しない道を選んでいたとしたら、ちょっとこじらせていると思うかもしれません。女性の側もすてきな男性を求めているので、結婚しないと決意されてしまうと悲しいですよね。でも、この3人は相手を求めているので、好意的に見守りながら撮影に臨めそうです!」と女性からの目線で語った。

 そして、岩倉の事務所に所属するやり手弁護士・日比野透子を演じる桜井は、「仕事柄、こういう男性は周りに多いので『そんな訳ない』という感覚はなかったですね。自分も含め、芸能界の女性にも同じ感覚の方は多いように思うので、ちょっと親近感も覚えました」と理解を示した。さらに、「例えば、もし好きになった人が“AK男子”だったら、割り切ってしばらくは並走すると思います。ただ自分が結婚したいと思った時には相手との温度差は気になりますよね。だから、しばらくは並走を続けると思いますが、もういよいよダメだと感じたら『さよなら』でしょうか(笑)」と想像している。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月23日号
発売日:2019年8月16日(金)
※地域により発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:相葉雅紀

新着連載

PAGE TOP