山下智久主演「インハンド」にオリラジ・藤森が連ドラ初出演!「チャラ男は3%」

ニュース
キーワード

 TBS系で4月期放送の連続ドラマ「インハンド」(金曜午後10:00、開始日未定)に、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が連ドラ初出演することが決まった。エリート官僚・御子柴隼人役を演じる藤森は「非常にうれしい反面、自分でも不思議です。今年はこの後に大きな落とし穴があるんじゃないかって、ちょっと疑っています。今まで以上に私生活も気を引き締めて、清廉潔白な由緒正しき生活を送っていかないと」と意気込んでいる。

 ドラマは、ロボットハンドの義手を持つ変り者の科学者・紐倉哲(山下智久)が、内閣官房サイエンス・メディカル対策室の牧野巴(菜々緒)の依頼を受け、助手の高家春馬(濱田岳)と共に従来の概念を超える未知の病気や事件を解決するサイエンスミステリー。藤森が演じる御子柴は牧野の同僚で、上司など強い者にはなびく風見鶏キャラという役どころ。牧野と御子柴の上司・網野肇役を光石研が演じることも決まった。

 藤森は「衣装もパキっとお堅い感じで、こういう格好をすることはあまりないので新鮮でうれしいです」とエリート官僚役が気に入っている様子で、「チャラ男な雰囲気を3%くらい残しつつ、キリっとし過ぎていない部分を僕なりに表現していけたら。視聴者の皆さんが『藤森ってこういう表情もあるんだ』って思うような、僕の新たな一面を見せられるよう役と向き合っていきたい」とアピール。

 すでに撮影は始まっており、主演の山下については「ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の大ファンで。山下さんとご一緒できるなんて本当に光栄ですし、いろいろ勉強させていただきたいと思っていますが、山下さんと対峙(たいじ)するシーンがあったらお芝居以前にテレちゃいそうで。まずそこが心配です」と共演シーンが待ち遠しいよう。すでに撮影した菜々緒とのシーンも「菜々緒さんを前にしてガッチガチに緊張してヤバかったですから」と明かし、「とにかく少しずつ現場に慣れていきながら、皆さんとも仲良くなれたらと思っています」と語っている。

キーワード

関連記事
PAGE TOP