東出昌大が連ドラ初主演! 薬丸岳の「悪党」に瀬々敬久監督と挑む!!

ニュース
キーワード

 東出昌大が、5月スタートのWOWOWプライム「連続ドラマW 悪党~加害者追跡調査~」に主演することが決まった。原作は薬丸岳氏の小説「悪党」で、映画「64-ロクヨン-」「友罪」「菊とギロチン」などを手掛けた瀬々敬久氏が監督を務める。東出は幼いころに姉を殺された元刑事の探偵・佐伯修一を、その佐伯が勤める探偵事務所の所長・木暮正人を松重豊が演じる。

 同作は犯罪加害者の現在の状況を調査することになった探偵たちが自らの過去と、忘れることのできない犯罪のその後に向き合い葛藤するさまを描く内容で、「友罪」と表裏を成す作品。犯罪被害者遺族は加害者を許すべきか、許さざるべきか。きれいごとでは済まされない究極のテーマを問い掛ける。

 連続ドラマ初主演の東出は「『菊とギロチン』に続き2作目となる瀬々監督とのお仕事が、楽しみで仕方ありませんでした。薬丸さんの原作小説から既に映像作品を見ているかのような鮮烈な印象を受けましたが、脚本は原作の魅力を凝縮しつつ、原作にはない描写や生き生きとしたセリフが足されていたので、より魅力的に演じることができればと思います」と意気込む。

 初共演の松重については「他の現場で『松重さんとどっちがデカい?』と聞かれることが多かったので、実際にお会いして、身長も体型もほぼ同じなことに驚きました。先輩の背中は格好よく優しさと柔らかさのあるお芝居なので、ご一緒できてとても安心感があります。これからの撮影で憧れは抱きつつ、一緒に良いお芝居ができれば」と初共演を喜んでいる。

 その松重も「東出さんと共演させていただくのは初めてですが、同じくらいの身長ですし、背の大きな方とご一緒できるのは気持ちが楽です(笑)。共演は探偵事務所でのシーンが中心になるかと思いますが、とても楽しみにしています」と互いに信頼し合っている。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年12月13日号
発売日:2019年12月4日(水)
※一部地域は発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:TOKIO×嵐

新着連載

PAGE TOP