横浜流星“ゆりゆり”の肉体美があらわに!! 順子を気遣う電話に胸キュン必至!

ニュース
キーワード

 2月12日放送のTBS系連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜午後10:00)第5話で、主人公の春見順子(深田恭子)に思いを寄せる由利匡平に扮(ふん)する横浜流星が鍛え抜かれた肉体美をのぞかせている。

 ドラマは持田あき氏による同名漫画を原作に、人生をしくじり続けている超鈍感なアラサー女子で予備校講師の順子が、クールかつエリート商社マンのいとこ・八雲雅志(永山絢斗)、東大合格を目指す匡平、高校教師の山下一真(中村倫也)というタイプの異なるイケメン3人から一挙にアプローチされるストーリー。

 第5話でも相変わらず順子は匡平や雅志の気持ちには気付かず、塾の強化合宿中の匡平の順子への態度や行動は、全て松岡美和(安達祐実)のいたずらだと思い込んでいる。そんな中、全国統一模試に向け、順子は匡平の理系科目を強化すべく雅志に協力を求めることに。一方、妻との離婚に悩み弱気になっていた山下は、偶然順子と出くわし半強制的に飲みに連れていく。そして、すっかり泥酔した順子を家まで送っていった山下は…。

 SNSでも“ゆりゆり”“横浜流星”がトレンド入りするなど大きな反響を呼んでいる横浜が、その引き締まった肉体美を披露するのは、お風呂上りに、落ち込んでいる順子へ初めて電話をかけるシーン。横浜は中学3年生の時に「国際青少年空手道場選手権大会」で優勝し、極真空手世界一の称号を持つ正真正銘のスポーツ男子。端正な顔立ちからは想像ができないくらいにたくましい筋肉と順子を気遣う言葉に胸キュン必至だ。

キーワード

関連記事

TVガイド最新号

TVガイド
2019年8月23日号
発売日:2019年8月16日(金)
※地域により発売日が異なります
特別定価:400円
表紙:相葉雅紀

新着連載

PAGE TOP