内山理名、筧美和子らダブル不倫夫婦客に「家売るオンナ」は留守堂とタッグ

ニュース
キーワード

 2月13日放送の日本テレビ系「家売るオンナの逆襲」(水曜午後10:00)第6話は、内山理名、橋爪淳、武田航平、筧美和子がダブル不倫カップル役でゲスト出演し、さらに主人公の三軒家万智(北川景子)の夫・屋代大(仲村トオル)を翻弄(ほんろう)する女性役で真飛聖が登場し、泥沼の展開が描かれる。

 ドラマは2016年7月期放送の「家売るオンナ」、17年5月放送の「帰ってきた家売るオンナ」の続編で、頼りない「テーコー不動産」に降臨した伝説の不動産屋の万智が客の個人的な問題も解決しながら、家という人生最大の買い物を型破りな手法で売りまくる痛快ストーリー。

 第6話では、八十多つぐみ(内山)と湊人(武田)、尾田順平(橋爪)とまり(筧)というそれぞれ家を探す2組の夫婦が登場。しかし、八十多夫妻は「お互いに外に恋人を持つのは自由」という考えの持ち主で、湊人とまりは、つぐみが公認する不倫の関係にあった。しかし、順平が妻・まりの浮気に気付き、泥沼の騒動に。そんなややこしい2組に家を売るために万智は、因縁のあるフリーの不動産屋・留守堂謙治(松田翔太)と手を組むことになる。さらに、仕事にまい進する万智とのすれ違いの夫婦生活に悩む屋代は、スーパーで働く色っぽくて優しい三郷楓(真飛)と出会い、楓も屋代に好意を持っているかのように振る舞う。

 泥沼のダブル不倫夫婦客の出す結論とは。そして屋代が一線を越えてしまうのかが見どころになりそうだ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP