木村佳乃「後妻業」でド派手七変化! コテコテ“なにわファッション”も披露

ニュース
キーワード

 1月22日スタートのフジテレビ系「後妻業」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)の主演・木村佳乃が、ウエディングドレス、毛皮にヒョウ柄、真っ赤な衣装に迫力のサングラスと見事な七変を遂げた。

 同作は男をたぶらかす天性の才能を持ち、“後妻業”(=資産家の老人を狙う遺産相続目当ての結婚詐欺)をなりわいとする悪女・武内小夜子(木村)と、彼女を取り巻く男女の思惑が交錯する痛快サスペンス。昨年12月下旬に、小夜子の最初のターゲットとなる中瀬耕造(泉谷しげる)との結婚式シーンの撮影が、大阪のランドマーク・大阪城を大迫力で感じられる場所「ミライザ大阪城」の屋上行われた。同シーンは木村がウエディングドレス姿を披露するなど序盤の重要な場面となっている。

 ウエディングドレスに続いて、真っ赤なコートをさらりと羽織るかと思えば、毛皮にヒョウ柄という、なにわのスタンダードもなんなく着こなし、ド派手なサングラスも身に着ける。小夜子の身なりについて木村は「派手なんてもんじゃないですね(笑)。髪もすごいです。私の地毛は今短いので、これはファッションウィッグです。全身、お金がかかっている感じですね。小夜子を演じるのは、大変緊張もしていますが、100%でぶつかっていきたいと思います」と話している。

キーワード

関連記事
PAGE TOP