鈴木拡樹×清原翔、WOWOWオリジナルドラマ「虫籠の錠前」でW主演!

ニュース
キーワード

 「バッカーノ!」「デュラララ!!」などの著者・成田良悟氏によるオリジナルストーリー「虫籠の錠前」が2019年3月にWOWOWでドラマ化されることが分かった(日時未定)。

 本作は、不器用だが闘争だけは最強のカゴロクと、口先で裏社会を渡る七海の凸凹な2人がコンビを組んで、カルト教団により生み出された能力者たちや、教団の残した財産を狙う裏社会の組織などが引き起こすさまざまな事件を解決する異能力バトルアクションサスペンスドラマ。カゴロク役を、舞台「刀剣乱舞」など話題の2.5次元舞台でも活躍している鈴木拡樹、七海役をモデルとして活躍し、俳優としても2019年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」の出演が決まっている今ブレーク中の清原翔が務める。

 鈴木は「カゴロクは珍しいキャラクターだと思いますので、どういう人物なのかいろんな可能性を考えましたが、現場に行くと周りのキャラクターに引っ張られて肉付けされていき、みんなで作り上げたカゴロクというイメージもあります。 現場で育ったカゴロクをお楽しみください」とアピール。

 清原も「口八丁手八丁という役柄から普段の自分とはまた少し違うものだったので、どこまで七海というキャラクターに持っていくかたくさん考えました。初めて試みることが多く、本当にたくさんのことを学ばせていただくことができた現場でした」と手応えを感じている。

キーワード

関連記事
PAGE TOP