宮沢氷魚&佐藤寛太が「僕の初恋をキミに捧ぐ」イケメン兄弟役に決定! 物語のキーパーソンに!?

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系で2019年1月19日にスタートする土曜ナイトドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(土曜午後11:15)に、宮沢氷魚と劇団EXILEの佐藤寛太が出演することが決まった。本作は青木琴美氏の同名コミックを原作に、20歳まで生きられない心臓病を抱える主人公・垣野内逞(野村周平)と、逞の病気について全てを知った上で彼をいちずに愛する幼なじみの種田繭(桜井日奈子)が、数々の困難を切り抜けながらも必死に運命にあらがおうと“命”に真正面から向き合う純愛ストーリー。そんな2人の恋路を邪魔しつつも支え、原作でも特に人気のキャラクターとして支持を集める鈴谷昂を宮沢が、昂の弟で兄とは対照的に逞と繭の恋を見守り続ける鈴谷律を佐藤が演じる。

 宮沢が演じる逞と繭の先輩で生徒会長の昂は、ド派手で“オレ様”気質なところがあり、校内の女子生徒たちから「昂サマ」と呼ばれるほどのカリスマ的人気を誇っている人物。そんな昂が繭を気に入り「姫」と呼んで接近していく。役柄について宮沢は「普段の自分とはかなり違う性格ですが、ずっとカリスマ的な役を演じたかったので楽しみで仕方がありません。恋の対決についても、今回は思いっきり奪いにいきたいと思います! 逞はライバルとしてはかなりスペックが高いので、あらゆる手を使っていきます(笑)」と気合十分。

 一方、佐藤が扮(ふん)する昂の弟で逞と繭の同級生・律は、昂とは正反対の性格で、軟派な態度を取る昂に冷ややかな目を向けることも。逞と繭を温かく応援し続けていく人物だ。佐藤は「律はすごく繊細な心を持っていて、周りのことを大切に思える優しい青年。尊敬している兄にはかなわないと思っていて、周囲を思いやる優しさを持ち、自分自身はどちらかというと一歩引いて周りを見ているというか、我を出し切れないところにとても好感を持てます。彼の人間臭くていとおしい人柄を、大切に妥協せずに自分が演じることで共感を持って、応援してもらえるよう努めたいと思います」と役どころに触れ、意気込みを語った。

 さらに今回、逞と繭の父親役も決定。逞の父親・垣野内寛貴をアンジャッシュの児嶋一哉、繭の父親で逞の主治医でもある心臓外科医・種田穣を生瀬勝久が演じる。

キーワード

関連記事
PAGE TOP