「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」に錦織圭、松山英樹、石川遼、長谷部誠、堂安律のトップアスリートが登場!!

ニュース
キーワード

 テレビ朝日系では2019年1月2日にお正月恒例のスペシャル番組「夢対決2019 とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 5時間スペシャル」(午後6:30)を放送する。番組20周年を迎える今回は、松山英樹選手と石川遼選手が初タッグで奇跡のショットを連発する「ゴルフ対決」、錦織圭選手&松山修造がマイケル・チャンコーチとダニエル太郎選手を助っ人に迎えた石橋貴明と木梨憲武のとんねるずチームと戦う「テニス対決」、さらに「サッカー対決」では、長谷部誠選手と堂安律選手の新旧日本代表コンビが木梨JAPANと白熱のPK対決を見せるなど、各スポーツ界の超豪華トップアスリートたちと激突し、20周年にふさわしい白熱&爆笑の対決を繰り広げる。

 テニス対決では、錦織選手が師匠の松岡と久しぶりのコンビを結成。対するとんねるずチームには、錦織の現コーチであるマイケル氏と、今年ATPツアーを優勝したダニエル選手が助っ人として参戦する。木梨はゲーム開始前から新・秘密兵器の「デカラケット」を背負い、石橋もマイケル氏やダニエル選手に「圭をたたくよ!」と改めて宣言、試合がスタートした。ゲームは時間がたつごとにより本格的なものになっていき、勝負はギリギリまでどちらが勝つのか分からない、手に汗握る展開になる。さらには追い込まれた錦織選手が、これまで見せたことのないバラエティー芸に挑戦する意外な展開が繰り広げられる。

 テニス対決を終えて、石橋は「ダニエルが大活躍してくれて良かったです。修造の負けず嫌いなところも出ていましたね。すごい戦いでした。ダニエルは…面白かったです(笑)。独特の間を持っているというか、リズムがちょっと違うというか。この番組でまたきっと、ダニエルも人気が出ちゃうでしょうね。今回のテニス対決もとにかく目が離せない展開です!」とダニエル選手推しのコメント。

 続けて木梨は「20年目にものすごい戦いが起きますよ! 圭ちゃんがこの『スポーツ王』での対決に新しい形でチャレンジしてくれている、僕たちはその隙を狙いました。少しずつ修造に近づいていると言いますか(笑)。年々お正月、そしてバラエティー番組に対応できるプレーヤーになってくれていて助かります! 初登場のダニエルくんも戸惑いながらスタートしていましたが、最後はいい活躍をしてくれました」と石橋同様にダニエル選手を絶賛した。

 錦織は「白熱しましたね。(とんねるずチームの助っ人が)マイケルとダニエルという、とても強い2人でビックリしました(笑)。今回の一番の見どころは後半のとんねるずのお2人のナイスショットかなと思います。あと、僕も“バラエティー”をかなり頑張りました(笑)」と楽しそうにコメントした。

 ゴルフ対決では松山選手&石川選手が初タッグ。日本が世界に誇る同い年コンビが、とんねるずの前に立ちはだかる。一方、とんねるずチームには、古閑美保選手と上田桃子選手が助っ人参戦。ゴルフ対決常連の2人が石橋と木梨のプレーを強力サポートする。

 対決は「巨大風船割り対決」と「ホールインワン対決」の2種目で行われる。「巨大風船割り対決」は、目の前に設置された獲得点数が異なる巨大風船に向かって1人ずつ順番にショットし、最終的に合計得点が高いチームが勝利となる。また「ホールインワン対決」は、先にホールインワンを決めたチームが勝利となる形式。とんねるずチームはグリーン上に設けられた六つのうちのどこかに、松山選手&石川選手チームは指定された一つのカップに入れることができれば勝ちとなる。一番手の石橋が「いいの? 1発目で終わっちゃうかもよ!」と自信満々のけん制を行うなど、序盤から気合十分のとんねるず。一方、松山選手も、「これが手本だ!」とばかりに大きなバックスピンを見せたり、「タイガー・ウッズ打法で!」と宣言した石川選手は、石橋も感動するほどのショットを披露する。とんねるずもプロ顔負けのミラクルショットを連発するなど、見逃せない展開が続出する。

 ゴルフ対決を終えて、石橋は「番組20周年ですが、毎年毎年やっていたものがたまたま20年続いたというだけ。面白くなければ続けることはできないですから。『最初はタイガー・ウッズが来てくれたな…』って、思い返しもしますけどね。その中でも今回のゴルフは、歴史に残る戦いでした。終わった後、古閑美保からは『感動して涙が出そうだった』っていう感想がありましたから」と激戦を振り返った。

 木梨は「36歳からこの『スポーツ王』が始まって、20年がたちました。そりゃあ、ふくらはぎもつるわ!ってな話ですよ(笑)。アミノ酸とマッサージ、顆粒と点滴。こういうものを中心とした自分の体作りを通して、これからも『スポーツ王』に全てをぶつけていきたいです」とますますのやる気を見せた。

 松山は「最初は初めて挑む風船割りに緊張していましたが、何回か打つうちにうまく調整をすることができました。遼とのタッグも、不思議と初めてという感じがしなかったですね。20周年ということで、節目の回に一緒に出られて大変光栄です」と語り、石川も「(松山との初タッグは)楽しかったです。英樹の技術の高さも見られましたし。やはり近くにいて刺激になりましたね。その技術と引き出しはすごいなって思いました」と、リスペクトの気持ちを込め笑顔で感想を述べた。

 サッカー対決では、ロシアワールドカップでキャプテンとして日本をベスト16に導き代表引退を表明した長谷部選手と、日本代表チームの若きエース・堂安選手の“新旧日本代表”と、木梨とゴン中山こと中山雅史がPKで対決する。両チームともにゴールを守るのは“世界最大”身長210cmのドイツ人ゴールキーパー。そんな世界最大ゴールキーパーを前に長谷部選手と堂安選手は、アッと驚くテクニックを見せつける。一方、木梨と中山にとっては、ここで是が非でも前回のリベンジを果たしたいところ。とっておきの“秘策”で応戦し大接戦となる。

 サッカー対決を終えて、木梨は「長谷部くんは僕のアドリブをわざともう一度繰り返して、こすりながらもそこをわざとやってくれました。暗黙に、何の打ち合わせもなくやってくれるんです。うれしい限りです」と喜び、長谷部選手は「今回もまたドイツまで来てくださって、かなり楽しい戦いになりました。堂安という若い力も加わっているので、見どころたくさんの戦いになっていると思いますね」とアピールした。

 堂安選手は「初『スポーツ王』楽しかったです。光栄でした。木梨さんや中山さんはしゃべりのプロだなと思いました。長谷部さんもイメージ通りの人でした。日本代表でキャプテンをされていた理由が分かりました。自分的な見どころは、やっぱりキック。いろんな種類の蹴り分けをしたので、そこに注目していただきたいです。あとは、僕のメンタルを(笑)。今回の対決を通して、率直に『サッカーってこうあるべきだな』と思いました。根っこの部分で『楽しい』という感情を忘れちゃだめだなって感じました」とコメントし、今回の対決を十分楽しんだようだ。

キーワード

関連記事
PAGE TOP